メインメニューを開く

コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュ和製英語: coffee fresh英語: creamer)は、コーヒーなどに加える小型のクリームを意味するポーションクリーム和製英語: portion cream)で、食品分類上の区分は「植物性油脂食品」や「植物油脂クリーミング食品」である。単にフレッシュとも称される。

日本以外では粉末タイプと液体タイプは区別されずに「クリーマー英語版」「coffee whitener」などと称される。

目次

歴史編集

コーヒーフレッシュが開発されるまでは、牛乳や生クリームを用いたが流通や保存に冷温保存を要するため、1950年代に代替品としてクリーミングパウダーが開発された。液体タイプは1958年アメリカのカーネーション社が「コーヒーメイト英語版」のブランドで発売したものが最初である。カーネーション社は後にネスレが買収し、コーヒーメイトはアメリカではクリーマーの代表的な製品である。

日本では1975年日興乳業が「メロディアンミニ」を1977年めいらくが「スジャータ」を、それぞれ発売してコーヒーフレッシュ広めた。1970年代に他社の製品も販売され、安さと便利さで家庭や業務用ともに全国で使用されている。

成分編集

乳脂肪を主原料とする生クリームと異なり主原料は植物性脂肪である。

森永乳業が販売するクリープは乳由来で「ミルク生まれ」としている。

呼称編集

「コーヒーフレッシュ」または「フレッシュ」の呼称は関西圏中京圏で主に地域で用いられ、ほかの地域は「(ホイップ)クリーム」「(コーヒー)ミルク」などと称される。

製法編集

植物性油脂と水に乳化剤を加えクリーム状にした後、着色料及び香料で色合いや香りを調整する。トランス脂肪酸含量0.0グラムの商品もある。

主要メーカー編集

関連項目編集