メインメニューを開く

ゴールデン・サマー』(The Golden Summer )は、1953年に刊行されたエラリー・クイーンのうちフレデリック・ダネイによる児童小説。ダニエル・ネイサン名義[1]

ゴールデン・サマー
The Golden Summer
著者 ダニエル・ネイサン
発行日 アメリカ合衆国の旗1953年
日本の旗2004年
発行元 アメリカ合衆国の旗pocket books
日本の旗東京創元社
ジャンル 児童小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

物語編集

舞台は1915年のアメリカニューヨーク州のはずれにある小さな町エルマイラ。主人公のダニーは小柄で胸板は薄く、腕も細い。小さな顔に大きな耳と鼻、ごつい大きな眼鏡。マーク・トウェインの主人公さながらの日々を過ごす10歳の少年を描いた半自伝小説。

夏の長期休暇が終わる新学期[2]初日の切なさに至るまで、少年期の「こがね色の夏」[3]の思い出が語られる。

主な登場人物編集

ダニー
本作の主人公。エルマイラの町に住む少年。少年期のフレデリック・ダネイがモデル。
チャド
ダニーの友人。ダニーよりは大柄。
サートリアス
ダニーの友人。のんき者で好奇心旺盛。
オーガスト
ダニーの友人。ガキ大将。

特記事項編集

  • 本書の執筆動機は、相方のマンフレッド・リー抜きで一人で長編を書けるかといった挑戦もあったという[4]
  • 児童小説(半自伝小説)ではあるが、随所に推理小説のテクニックが駆使されており、読者の注意をひく内容になっている。

日本語訳書編集

脚注編集

  1. ^ 出版当時はクイーン著作であることは伏せられた。(東京創元社「ゴールデン・サマー」解説)
  2. ^ アメリカでは(特に学校)9月が新学期とされる場合が多い。
  3. ^ 主人公ダニーは「金もうけ(お小遣いかせぎ)」も大好きである。
  4. ^ 「クイーンの定員」など評論・エッセイはダネイ単独の執筆。