サイモン・アントワーヌ・ジャン・リュイリエ

サイモン・アントワーヌ・ジャン・リュイリエSimon Antoine Jean L'Huilier1750年4月24日 - 1840年3月28日)は、スイス数学者

サイモン・アントワーヌ・ジャン・リュイリエ
生誕 1750年4月24日
スイスの旗 スイス ジュネーブ
死没 (1840-03-28) 1840年3月28日(89歳没)
スイスの旗 スイス ジュネーブ
研究分野 数学
主な業績 極限を表す記法 “Lim.” の導入、平面グラフのためのオイラーの公式の一般化、球過量の公式
主な受賞歴 ベルリン科学アカデミーの数学部門賞を受賞 (1784年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴編集

フランス人でユグノーの子孫だった。彼は、数学的解析と位相幾何学、特に極限を表す記法 “Lim.” の導入、平面グラフのためのオイラーの公式の一般化、球過量の公式などでの業績で知られる。1791年5月に王立協会のフェローに選出された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ "Huilier; Simon Antoine Jean L' (1750 - 1840)". Record (英語). The Royal Society. 2019年6月4日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集