メインメニューを開く

サイン (有名人の署名)

サイン会から転送)
自著にサインするドナルド・ラムズフェルド

有名人のサインすなわちオートグラフ(英語 autograph)[1]とは、筆者の名前を様式化して書いたもの、またそれを書く行為のこと。しばしば収集の対象となる。

英語の「オートグラフ」はサインのほか直筆手稿も指す。

サインの入手編集

新品編集

日本では著名人が色紙にサインをして贈る習慣(サイン色紙)が見られる[2]

有名人はファンとの会合でサインをしたり、サイン入り商品を販売したりする[3]。こうしたイベントは日本では「サイン会」と呼ばれる。

書籍音楽CDでは、作者(小説家ら著者や歌手)のサイン会が販売促進のため実施される[4]アイドルのサイン会でサインをもらうことは握手会と並んでファンにとって重要な体験であるという[5]

サインは通常、紙の書籍へのサインだったが、著者に個別に依頼して得たサインを個人の電子ブックリーダー上で表示できるようにするサービスも登場した[6]

中古編集

故人を含む有名人のサインは、オークションなどで高額で購入されることがある[7]古本でも「署名本」「サイン本」として無署名の本より珍重される傾向があり、署名本専門の古書店も存在する[8]

こうした事情から、有名人のサインを偽造して販売する者もおり、摘発事例もある[9]

権利編集

サインは肖像などに準じて、サインした本人のパブリシティ権の対象となることがある[10]

出典編集

  1. ^ 『現代用語の基礎知識2008』p1599「サイン」の項
  2. ^ 山田晴通 米国のポピュラー音楽系博物館等展示施設にみるローカルアイデンティティの表出とその正統性 東京経済大学 人文自然科学論集 第 130 号
  3. ^ Fleming, Katherine L., "Participatory fandom in American culture: A qualitative case study of DragonCon attendees" (2007). Graduate Theses and Dissertations. http://scholarcommons.usf.edu/etd/707
  4. ^ 一例として、イベントに行こう/サイン会・握手会紀伊國屋書店サイト内、2018年5月20日閲覧)。
  5. ^ 圓田浩二 オタク的コミュニケーション「普通っぽい」アイドルと三つの距離 ソシオロジVol. 43 (1998-1999) No. 2 通巻 133号 p. 67-79
  6. ^ Yes, You can Sign an e-Book, but Why? By Mary Presnell October 28, 2013
  7. ^ 「アインシュタインの手書きメモ、2億円で落札」『日本経済新聞』2017年10月25日掲載の共同通信配信記事(2018年5月20日閲覧)。
  8. ^ 一例として、関書店(2018年5月20日閲覧)。
  9. ^ 「そのサイン 偽物かも/ネットに出品、摘発相次ぐ」『日本経済新聞』夕刊2018年5月7日(社会面)2018年5月20日閲覧。
  10. ^ 谷口貴大 パブリシティ権の客体に関する一考察―「声」と「サイン」についての若干の検討―

関連項目編集