サジダ・リシャウィ

サジダ・ムバラク・アトゥロウス・アル=リシャウィアラビア語: ساجدة مبارك عطروس الريشاوي‎、英語: Sajida Mubarak Atrous al-Rishawi1970年 - 2015年2月4日[1])は、自爆テロ未遂犯であるとされるイラク西部のアンバール県出身の女性である[2]2005年アンマン自爆テロに関与したとされているが、彼女の爆発物のベルト英語版が爆発しなかったために生き残った。

サジダ・リシャウィ
ساجدة الريشاوي
生年 1970年
生地 イラクの旗 イラク アンバール県
没年 2015年2月4日
没地 ヨルダンの旗 ヨルダン アンマン
思想 サラフィー・ジハード主義
活動 2005年アンマン自爆テロ
所属 イラクの聖戦アル=カーイダ組織
信教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

テロ事件編集

2005年11月9日ヨルダンの首都アンマンラディッソンホテルにおいて900人が出席した結婚披露宴が行われる中、自爆テロが発生した。新郎新婦両方の父親を含めて60人が死亡した他、115人が負傷した[3]イラクの聖戦アル=カーイダ組織に共に所属し、事件の数日前に結婚した[4]サジダ・リシャウィと彼女の夫のアリ・フセイン・アリ・アル・シャマリが自爆テロを試みたものだったが、夫のみが死亡した[5]。リシャウィは夫が爆撃した後に爆発物のベルトを起爆しようとして失敗した。そして、その場から走り出した人々と一緒にホテルから逃げ出した[6]。市内の他の2つのホテルでもほぼ同時に自爆攻撃が起きたが、このラディッソンホテルで最も多くの犠牲者が出た[7]

収監編集

事件の4日後にリシャウィは逮捕され、ヨルダン当局は彼女が自爆テロを実行するために夫と共にイラクから偽造パスポートでヨルダンに入国したと供述する録画映像を国営テレビで繰り返し流した。映像の中で彼女は巻き付けた自爆ベルトをカメラに向かって見せ、犯行計画を説明している[7]。しかし、その後に一転してこの告白を撤回した[8]。取調べでは「夫に自爆を強制されたが、私は誰も傷つける意図はなかった」などと供述内容を変更している[9]

2006年9月21日にヨルダンの軍事裁判所から絞首刑による死刑判決を受けた[8]。リシャウィは有罪判決に不服で控訴したが、2007年1月にこの訴えは退けられた[10][11]。その後に2010年10月4日時点で彼女がまだ控訴中であることが報じられた[12]

2015年1月時点でリシャウィはアンマン市内にあるジュエイダ女子拘置所に収監中であると報道された[13]

ISILとの関連性編集

リシャウィはアンマン自爆テロを実行したアリ・フセイン・アリ・アル・シャマリの妻であり、イラクの聖戦アルカイーダ組織を率いたアブ・ムサブ・ザルカウィの側近の妹と考えられている[2]。また、彼女自身もザルカウィの部下だった[14]。一部報道ではこの兄の名前はムバラク・アトゥロウス・アル・リシャウィであるとされている[15]イラク戦争で空爆された際に側近だったこの長兄に加えて2人の兄弟、前の夫も失っており[4]、反米感情を持つようになったという[16]

イスラム過激派に詳しい評論家のハシム・ハシミはリシャウィがイラクの聖戦アルカイーダ組織にとって初めての女の自爆工作員だったと述べている。また、「ザルカウィ容疑者は死亡する前に、リシャウィ死刑囚の奪還を約束している」と説明している[14]。このイラクの聖戦アルカイーダ組織はISILの前身組織と見られている[15]

処刑編集

2015年1月24日にISILはヨルダン政府に対し、日本人人質である後藤健二の解放を交換条件として、リシャウィの釈放を要求した[5]。ISILは29日の日没までにリシャウィを釈放しなければ、ヨルダン軍のパイロットであるモアズ・カサスベを殺害すると脅迫した。これに対してヨルダン政府側もカサスベの生存の確認が出来てなおかつ彼が解放されるのであればリシャウィを釈放する用意があるとして釈放に応じぬまま期限を迎えた[17]

2月1日早朝にISILは後藤健二を殺害したとする動画をインターネット上で公開し[18]、3日にモアズ・カサスベを生きたまま火をつけて殺害したとする動画を公開した[19]

カサスベが殺害された報復として、ヨルダンは2015年2月4日早朝に、共に元イラクの聖戦アルカイーダ組織メンバーで死刑囚であるサジダ・リシャウィとジヤド・カルボリ英語版の処刑を執行した[20]。ISILからリシャウィの処刑に関する即時の公式声明は出されなかった[21]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ヨルダン、リシャウィ死刑囚の死刑執行 ”. トムソン・ロイター・マーケッツ (2015年2月4日). 2015年2月4日閲覧。
  2. ^ a b Jordan: Female bomber is sister of top Al-Qaida figure in Iraq” (英語). Haaretz.com (2005年11月12日). 2015年1月26日閲覧。
  3. ^ Hugh Naylor (2011年9月10日). “'Who are they to judge?' asks survivor of 2005 Amman suicide bomb” (英語). Thenational.ae. 2015年1月28日閲覧。
  4. ^ a b 「イスラム国」:リシャウィ死刑囚、米攻撃で家族失う”. Mainichi.jp (2015年2月1日). 2015年2月5日閲覧。
  5. ^ a b サジダ・リシャウィとは誰か イスラム国が後藤健二さんと引き換えに要求した女性(画像)”. Huffingtonpost.jp (2015年1月25日). 2015年1月26日閲覧。
  6. ^ ヨルダンで自爆未遂=「イスラム国」釈放要求の女”. 時事通信社 (2015年1月25日). 2015年1月28日閲覧。
  7. ^ a b 「イスラム国」が釈放要求の女、リシャウィ死刑囚とは”. AFPBB.com (2015年1月26日). 2015年1月28日閲覧。
  8. ^ a b Failed Amman hotel bomber to hang” (英語). BBC.co.uk (2006年9月21日). 2015年1月26日閲覧。
  9. ^ 釈放要求のリシャウィ死刑囚 05年のアンマン連続テロ関与”. Nikkei.com (2015年1月26日). 2015年1月28日閲覧。
  10. ^ Jordan upholds death penalty for the failed female suicide bomber” (英語). People.cn (2007年1月28日). 2015年1月26日閲覧。
  11. ^ Would-be bomber to face execution in Jordan” (英語). Seattletimes.com (2007年1月28日). 2015年1月26日閲覧。
  12. ^ Jordan convicts 10 on terrorism charges” (英語). Telegraph.co.uk (2010年10月4日). 2015年1月26日閲覧。
  13. ^ 後藤さんとの交換指名 リシャウィ死刑囚とは? 朝日新聞(2015年1月26日)
  14. ^ a b 中村禎一郎 (2015年1月26日). “象徴的なイスラム戦士 釈放求めるリシャウィ死刑囚”. Chunichi.co.jp. 2015年2月1日閲覧。
  15. ^ a b Lamiat Sabin (2015年1月24日). “Who is Sajida Mubarak Atrous al-Rishawi, the female suicide bomber at the heart of 'Isis' Japanese prisoner swap plan?” (英語). Independent.co.uk. 2015年2月1日閲覧。
  16. ^ リシャウィ死刑囚 米軍の攻撃で兄弟を失う 元弁護人が語る 朝日新聞(2015年1月29日閲覧)
  17. ^ 「イスラム国拘束事件 「こう着状態」 外務副大臣”. AFPBB.com (2015年1月31日). 2015年2月5日閲覧。
  18. ^ イスラム国、「日本にとって悪夢の始まり」 後藤さん殺害動画”. AFPBB.com (2015年2月1日). 2015年2月5日閲覧。
  19. ^ イスラム国新動画、ヨルダン人操縦士に「火をつけて殺害」”. AFPBB.com (2015年2月4日). 2015年2月5日閲覧。
  20. ^ ヨルダン、リシャウィ死刑囚ら2人の刑執行 操縦士殺害で報復”. AFPBB.com (2015年2月4日). 2015年2月5日閲覧。
  21. ^ Jordan executes Sajida al-Rishawi after pilot murder” (英語). English.alarabiya.net (2015年2月4日). 2015年2月5日閲覧。