サディク・サファエフ

サディク・サファエフラテン文字:Sodiq Safoyev、1954年2月3日 - )は、ウズベキスタンの政治家、外交官。上院議員。同国外務大臣などを務めた。

経歴編集

1993年までハーバード大学に研修。

帰国後、対外経済関係第一次官となり、1993年2月、外務大臣に就任。1994年、駐独非常全権大使。1996年、大統領国家顧問。1996年9月3日、駐米非常全権大使。

2001年~2003年、外務第一次官となり、2001年~2002年、駐アフガニスタン大統領特別代表を兼任。2003年3月14日~2005年、再び外務大臣となる。2005年11月まで世界経済外交大学の学長を務めた。

2005年1月24日、アリー・マジュリス上院議員に任命。国際問題委員会委員長。

パーソナル編集

2001年に離婚。

出典編集


公職
先代:
アブドゥルアズィーズ・カミロフ
  ウズベキスタン外務大臣
2003 - 2005
次代:
エリョール・ガニエフ
先代:
ウバイドゥッラー・アブドゥラッザコフ
  ウズベキスタン外務大臣
1993
次代:
サイドムクタル・サイドカシモフ