サミュエル・プラウト

サミュエル・プラウト(Samuel Prout、1785年9月17日 - 1852年2月10日)はイギリスの水彩画家である。ヨーロッパの街の風景を描き、プラウトの絵は版画にされて出版された。

サミュエル・プラウト
Samuel Prout
Samuel Prout by John Jackson.jpg
John Jacksonによる肖像画
生誕1785年9月17日
イギリス,プリマス
死没1852年2月10日
イギリス,ロンドン

略歴編集

プリマスの軍港の制服仕立て人の息子に生まれた[1]。プリムスの高校ヘ進み、 画家となるベンジャミン・ヘイドン(Benjamin Haydon :1786–1846) と同窓で高校の芸術家でもある校長、ビドレーク(John Bidlake)の教育を受け、ヘイドンとポラウトはビドレークに美術家となることを勧められた。1803年にロンドンに移り1812年までロンドンに滞在した。ロンドンでは版画出版社のために海洋画を描いたり、美術教師として働いた。1810年に結婚した。

1818年頃初めて、ヨーロッパ大陸の街を訪れ、街と建物の姿という画題を見出だして、画家として成功した。ヨーロッパの歴史ある町並みを水彩画で描き、後にこれらの作品は版画にされて出版された。1829年に国王、ジョージ4世によって、王室付の水彩画家('Painter in Water-Colours in Ordinary')に任命され、次代のヴィクトリア女王にも仕えた。

息子のサミュエル・ギレスピー・プラウト(Samuel gillespie prout:1822-1911) も画家となった。甥のジョン・スキナー・プラウト(John Skinner Prout:1805–1876)は画家となり、オーストラリアで働いた。

作品編集

脚注編集

  1. ^ See Lockett. Samuel Prout (1783-1852).

参考文献編集

  • John Ruskin. A memoir of Prout (Art Journal, 1849).
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Prout, Samuel". Encyclopædia Britannica. 22 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 490–491.