サモリ・トゥーレ

サモリ・トゥーレ(Samori Ture/Samory Touré/Samori ibn Lafiya Ture、1830年頃 - 1900年6月2日)は、サモリ帝国英語版1878年 - 1898年)の創始者である。サモリ帝国は西アフリカイスラム軍事政権として1882年からフランスの支配に抵抗したが、1898年フランスに屈した。

クルアーンを携えるサモリ・トゥーレ

生涯編集

1830年頃、ギニア南東部でジュラ族英語版の商人の家に生まれた。サモリが成長した時代は、ヨーロッパとの交易などを通じた接触によって、西アフリカの変容が進んだ時期と重なっていた。西アフリカの一部の国家に銃器がもたらされたことは、従来までの戦争の姿を変えることになった。元々は現地の宗教を信仰していたが、比較的早い時期にイスラム教へ改宗した。

1883年から1898年にかけて、勢力を拡大していたフランスと3度にわたって戦った(マンディンゴ戦争英語版を参照)。

1898年にフランスと同盟を結んでいたコング帝国へ侵攻し、首都コング英語版を焼き払ったが、フランスに撃退されて捕えられ、ガボンに追放された。2年後に軟禁先のンジョレ肺炎のため没した。

曾孫のセク・トゥーレはギニア共和国初代大統領となり、1982年に完成したコナクリのグランドモスクにサモリの遺体を改葬した。

関連項目編集