画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2021年8月

サラダチキンとは、胸肉などを蒸して薄く味付けした食べ物である。

概要編集

蒸した鶏の胸肉に何らかの味付けを加え、真空パックした惣菜[1]。裂いて野菜の上に載せるだけでサラダの具材となる。胸肉を使用しているために脂質カロリーが少なく高タンパクであり、健康志向の高まりから人気を得ている[1]

サラダの具材として使用するだけではなく、そのままかぶりついて食べたり[2]、サラダ以外の様々な料理にアレンジして用いたりする[3][4]など用途も広がっている。

「サラチキ」の略称でも使用されている[5]

歴史編集

岩手県大船渡市の食品加工会社アマタケが、サンドイッチ具材用に開発したハーブ風味の鶏胸肉加工品を2001年に「サラダチキン」として初めて商品化し、スーパーマーケットで販売した[6]。当初は皮付きで販売していたが、2014年に皮を取る改良を施し、カロリーを大幅に減らしたことでブレイクしたという[6]

2013年セブン-イレブンプリマハム株式会社がコンビニエンスストア向け商品を共同開発したことにより、セブン-イレブンがコンビニエンスストアで最初に取り扱いを開始[2]。翌2014年にはローソンプライベートブランドとして発売を開始する[2]など、他のコンビニチェーンもこれに追随した。その後は市場拡大が進んでおり、富士経済によれば、2017年の市場規模は前年比44.6%増の269億円にのぼると見込まれ、今後も順調に拡大するとみられる[7]。各社は味のバリエーションの充実[1]や、スティックタイプや切り落としタイプの導入などによる更なる利用シーンの拡大[8]を図っている。

2019年8月1日よりPascoからサラダチキンを使った惣菜パン「サラダチキンパン」の販売が決定(関東、中部、関西、中国、四国地区)。[9]

なお、7/1は元祖サラダチキンであるアマタケがサラダチキンを商品化したとして「アマタケサラダチキンの日」と日本記念日協会で正式に登録された。[10]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 当のセブン-イレブンが驚いたサラダチキン大ヒットの想定外”. ダイヤモンド社. 2018年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c コンビニの“顔”となった『サラダチキン』が新機軸へ 背景に“健康志向”と“おつまみ需要”. オリコン (2018年4月28日). 2018年8月16日閲覧。
  3. ^ サラダチキンをもっと楽しむアレンジレシピ”. NHKらいふ. 日本放送協会. 2018年8月17日閲覧。
  4. ^ サラダチキンファンサイト”. 株式会社アマタケ. 2018年8月17日閲覧。
  5. ^ “普通のサラチキよりウマい! コンビニ最強「変わり種サラダチキン」はコレだ!! カレー味など5種食べ比べ - mitok(ミトク)” (日本語). mitok(ミトク). (2016年8月27日). https://mitok.info/?p=60521 2018年8月26日閲覧。 
  6. ^ a b サラダチキン ブレイクのきっかけは「皮なし」の英断”. NIKKEI STYLE. 日経BP (2017年11月24日). 2018年8月17日閲覧。
  7. ^ 国内加工食品 市場調査(5) 農産加工品・畜産加工品・水産加工品などの市場を調査”. 富士経済 (2018年2月23日). 2018年8月17日閲覧。
  8. ^ "サラダチキン"大幅伸長 メーカー各社、新商品で利用シーン拡大など取組み”. 食品産業新聞社 (2018年3月28日). 2018年8月17日閲覧。
  9. ^ 人気のサラダチキンを使った惣菜パン 「サラダチキンパン」 2019年8月1日新発売 [敷島製パン株式会社 | 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム)]
  10. ^ 7月1日は「アマタケサラダチキンの日」 日本記念日協会で正式登録 | 鶏鳴新聞 鶏卵・鶏肉・養鶏・畜産総合情報

関連項目編集

外部リンク編集