サラボージーマラーティー語:सरफोजी १, タミル語:முதலாம் சரபோஜி, Sarabhoji, 1675年あるいは1679年 - 1728年)は、南インドタミル地方タンジャーヴール・マラーター王国の君主(在位:1712年 - 1728年)。セルフォージー(Serfoji)とも呼ばれる。

サラボージー
Sarabhoji
タンジャーヴール・マラーター王
Raja Sarabhoji of Tanjore.jpg
サラボージー
在位 1712年 - 1728年
別号 ラージャ

出生 1675年あるいは1679年
死去 1728年
タンジャーヴールタンジャーヴール城
子女 シャーフージー2世
家名 ボーンスレー家
父親 ヴィヤンコージー
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1712年、兄のシャーフージーが死亡あるいは退位したことにより、その王位を継承した[1]

1720年ラームナードゥパーライヤッカーラルで後継者争いからマラヴァ継承戦争が勃発すると、サラボージーはこれに介入し、ヴィジャヤ・ラグナータ・セートゥパティに味方した。

だが、同年にサラボージーの味方したヴィジャヤ・ラグナータ・セートゥパティは戦いに敗れて死亡した。

1728年、サラボージーはタンジャーヴール城で死亡した[1]。息子のシャーフージーは非嫡出子だったため、弟(あるいは兄)のトゥッコージーがその王位を継承した[1]

人物編集

サラボージーの治世は文学が多く作成されたことで知られ、タミル語サラボージー・チャリタはその治世に作られ、彼自身もまた文人であった。

また、サラボージーは信心深く慈悲深い君主としても知られ、バラモンに自らの名を冠した町サラボージーラージャプラムを寄進している

出典・脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集