サルコラエナ科(サルコラエナか、学名:Sarcolaenaceae)は マダガスカルに自生する被子植物の科である。10属40種あり、ほとんどが常緑樹や低木である。

サルコラエナ科
Leptolaena multiflora.jpg
Leptolaena multiflora
分類(APG III)
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malvids
: アオイ目 Malvales
: サルコラエナ科 Sarcolaenaceae
学名
Sarcolaenaceae Caruel[1]
タイプ属
Sarcolaena Thouars.
シノニム

Chlaenaceae Thouars

Eremolaena
Leptolaena
Mediusella
Pentachlaena
Perrierodendron
Rhodolaena
Sarcolaena
Schizolaena
Xerochlamys
Xyloolaena [2]

最近のDNAの研究で、サルコラエナ科は、アフリカ南米インド東南アジアおよびマレーシアに生育するフタバガキ科とは近縁であることを示した。

脚注編集

  • M. Ducousso, G. Bena, C. Bourgeois, B. Buyck, G. Eyssartier, M. Vincelette, R. Rabevohitra, L. Randrihasipara, B. Dreyfus & Y. Prin (2004). “The last common ancestor of Sarcolaenaceae and Asian dipterocarp trees was ectomycorrhizal before the India-Madagascar separation, about 88 million years ago”. Molecular Ecology 13 (1): 231?236. doi:10.1046/j.1365-294X.2003.02032.x. PMID 14653803. http://www.blackwell-synergy.com/doi/abs/10.1046/j.1365-294X.2003.02032.x. 

外部リンク編集