メインメニューを開く

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ聖堂Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari)は、通常フラーリと縮めて呼ばれる、ヴェネツィアにあるカトリック教会バシリカ。サン・ポーロ地区の心臓部カンポ・デイ・フラーリに建つ。教会は『聖母の被昇天』(Assunzione della Beata Vergine)に献堂された。

1250年フランチェスコ会は教会を建てるべく土地を譲渡された。しかし建物は1338年まで完成しなかった。完成後ほとんどすぐに、より大きな後継者である現在の教会が1世紀で建てられた。鐘楼(カンパニーレ)は、1396年に完成したサン・マルコ寺院の次にヴェネツィアで2番目に高い。

威圧される教会は、イタリアのゴシック様式により煉瓦で建てられた[1]。多くのヴェネツィアの教会とともに、外観はむしろ簡素である。内部には、ヴェネツィアに唯一現存する内陣仕切りを含む。

目次

芸術作品編集

 
ティツィアーノの祭壇画のある祭壇

埋葬されている人々編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出かけよう、日美旅 第38回 イタリア・ヴェネツィアへ ティツィアーノを訪ねる旅”. NHK (2017年2月26日). 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会”. Fish&Tips. 2018年4月8日閲覧。
  3. ^ 宮下規久朗『しぐさで読む美術史』筑摩書房、2015年、143頁。ISBN 978-4-480-43318-3

外部リンク編集