サン・スーシの女

サン・スーシの女』(サン・スーシのおんな、原題・フランス語: La Passante du Sans-Souci)は、1982年に製作・公開されたフランス西ドイツの合作映画である。 ジョゼフ・ケッセルの小説の映画化であり、ジャック・ルーフィオが監督、ロミー・シュナイダーミシェル・ピコリヘルムート・グリームが出演した。本作はシュナイダーの最後の映画出演となった。

サン・スーシの女
La passante du Sans-Souci
監督 ジャック・ルーフィオ
脚本 ジャック・ルーフィオ
ジャック・キルスネル
原作 ジョゼフ・ケッセル
製作 アルトゥル・ブラウナー
レイモン・ダノン
製作総指揮 ジャン・ケルシュネル
出演者 ロミー・シュナイダー
ミシェル・ピコリ
ヘルムート・グリーム
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 ジャン・ペンゼール
編集 アンナ・ルイス
配給 フランスの旗 パラフランス・フィルム/ラジオ・モンテカルロ
西ドイツの旗 スコティア
日本の旗 ヘラルド・エース
公開 フランスの旗 1982年4月14日
西ドイツの旗 1982年10月22日
日本の旗 1984年3月30日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 フランス語
テンプレートを表示

西ベルリンでロケーションが行われている。

あらすじ編集

政治犯の釈放を求める公聴会に出席予定だった人権擁護運動組合の会長マックス・バウムシュタインは、対談相手のパラグアイ大使にドイツでの本名と「エルザとミシェルを覚えているか」という質問を尋ねた後に大使を射殺した。

マックスの逮捕後、彼は妻のリナにナチス政権下でのドイツで自分がどのような生活をしていたのかを語り始める。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS
エルザ/リナ ロミー・シュナイダー 沢田敏子
マックス・バウムシュタイン ミシェル・ピコリ 内田稔
マックスの少年時代 ウェンデリン・ウェルナー 菊池英博
ミシェル・ヴィーナー ヘルムート・グリーム 大林隆介
モーリス・ブイアール ジェラール・クライン 池田勝
ルーペルト/フェデリコ マチュー・キャリエール 伊井篤史
シャルロット ドミニク・ラブリエ
アンナ マリア・シェル
ネオナチ ジャン・レノ 田原アルノ
その他 N/A 稲葉実
沢木郁也
大滝進矢
佐藤正治
加藤正之
巴菁子
鈴木れい子
日本語版スタッフ
演出 清水勝則
台詞 入江敦子
製作 ザック・プロモーション
初回放送 1986年7月24日
『木曜ロードショー』[1]
25:14-27:02

スタッフ編集

  • 監督:ジャック・ルーフィオ
  • 製作総指揮:ジャン・ケルシュネル
  • 製作:アルトゥル・ブラウナー、レイモン・ダノン
  • 脚色:ジャック・ルーフィオ、ジャック・キルスネル
  • 音楽:ジョルジュ・ドルリュー
  • 撮影:ジャン・ペンゼール
  • 編集:アンナ・ルイス
  • 美術:ジョルジュ・グロン
  • 装置:ジャン=ジャック・カジオ
  • ロミー・シュナイダーの衣裳:ジェラール・ブレーズ、イングリッド・ゾレ
  • 衣裳:カトリーヌ・ルテリエ、エリザベート・タヴェルニエ

映画賞受賞・ノミネーション編集

  • 受賞
    • セザール賞音響賞:ウィリアム・ロベール・シヴェル、クロード・ヴィラン[2]
  • ノミネーション
    • セザール賞主演女優賞:ロミー・シュナイダー
    • セザール賞助演男優賞:ジェラール・クライン
    • セザール賞作曲賞:ジョルジュ・ドルリュー

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 外画 吹き替え”. ザック・プロモーション. 2022年7月3日閲覧。
  2. ^ allcinema (日本語), 映画 サン・スーシの女 (1982)について 映画データベース - allcinema, https://www.allcinema.net/cinema/9279 2022年12月9日閲覧。 

外部リンク編集