メインメニューを開く

サン・マルタン運河

サン・マルタン運河(-うんが 仏 : Canal Saint-Martin)はフランスパリ運河である。全長4.55km。

概要編集

 
サン・マルタン運河の閘門
 
「北ホテル」
 
Vue du canal Saint-Martin(アルフレッド・シスレー/1870年)
 
運河にかかる鉄橋

ウルク運河フランス語版から続くラ・ヴィレット貯水池フランス語版と、セーヌ川へ続くアルスナル港とを結んでいる。開通したのは1825年である。25mの高低差があるために9つの閘門がある。幅が狭いため当初はパリに飲料水を導くために使われたが、現在はレジャー用になっている。運河の一部は地下水路になっている。地下化でパリ11区内で交差する北側レピュビュリック大通りから南側バスティーユ広場南端にかけて、リシャール・ルノワール大通りが1862年に、11区北側でリシャール・ルノワールに接続するジュール・フェリー大通りが1907年にできた。

運河が地上に出ているところはパリ10区になり、ヴァルミー(河岸)通りとジュマペ(河岸)通りが運河両岸に沿って走り、ジュマペ側に有名な北ホテルがある(マルセル・カルネ監督の1938年の映画『北ホテル Hôtel du Nord 』に登場した)。また、シスレーの絵画の題材にもなっている。

サン・マルタン運河は1970年代の初め、4車線の都市高速道路を造るために無くなりそうになったが、すぐにこの計画は中止された。現在では河岸が整備されている。このエピソードについては映画『L'An 01フランス語版』でふれられている。

交通編集

  • メトロ 2,5,7bis線 ジョレス駅Jaurès下車

関連項目編集