座標: 北緯41度54分2秒 東経12度27分12秒 / 北緯41.90056度 東経12.45333度 / 41.90056; 12.45333

サン・マルタ館 (サン・マルタかん、羅: Domus Sanctae Marthae, 伊: Casa Santa Marta, 英: Saint Martha's House)は、バチカンサン・ピエトロ大聖堂に隣接する建築物であり、イタリア語からカーサ・サンタ・マルタとも呼ばれる。教皇ヨハネ・パウロ2世在位中の1996年に完成し、ベタニアのマルタにちなんで命名された。建物は現在、聖座とともに働く聖職者のための宿泊施設として機能し、新教皇を選出するコンクラーヴェの際には枢機卿団の宿泊所として使われる。

サン・マルタ館
Domus Sanctae Marthae
Domus Sanctae Marthae from the Dome of St. Peter's.jpg
サン・ピエトロ大聖堂のドームから見たサン・マルタ館
サン・マルタ館の位置(バチカン内)
サン・マルタ館
バチカン市国内における位置
概要
用途 住居、宿泊施設
バチカン市国
座標 北緯41度54分2秒 東経12度27分12秒 / 北緯41.90056度 東経12.45333度 / 41.90056; 12.45333
完成 1996年
開業 1996年
テンプレートを表示

教皇フランシスコは2013年のコンクラーヴェで選出されて以降、ここを住居としている。基本的な調度品を備えた寝室には、木製の十字架とアルゼンチンウルグアイパラグアイの守護聖人であるルハンの聖母の小さな彫像が置かれている。教皇の寝室の外では2名のスイス傭兵が昼夜シフト制で警備に当たっている。

建物と設備編集

教皇ヨハネ・パウロ2世は、2度のコンクラーヴェに参加した経験から、そのプロセスを高齢の枢機卿にとってより快適で負担の少ないものとするため、サン・マルタ館の建設を決めた。ヨハネ・パウロ2世は、「コンクラーヴェ以外にも、国務省英語版の職員や、可能な限り他の教皇庁の職員にも提供し、教皇との会見や催事、聖座主催の会合のためにバチカンを訪問する枢機卿司教にも役立つものとする」ことを求めた[1]。 実際には民間人も宿泊している[2]

建設は「近隣の建物からサン・ピエトロ大聖堂が見えなくなる」としてイタリアの環境保護団体や政治家の反対を受けた。これに対してバチカンの技術部門長は「高さは周囲の建物よりも低い」と反論し、バチカンが領域内に建築する権利への挑戦を一蹴した[3]

建設費は2,000万ドルであったが、うち1,300万ドルはペンシルバニア州ピッツバーグのカジノ主であるジョン・E・コネリー英語版が寄付を申し出た。彼はのちにバチカンの絵画の複製をアメリカ国内で販売する契約を結んでいる。コネリーは彼の事業が資金難に陥ったため当初の約束を果たせず、ピッツバーグ以外にも事業を拡大するのに失敗すると絵画の販売契約も取り消しになった[4]。コネリーは建物の設計にピッツバーグの建築家ルイス・D・アストリノを推薦したが、彼の設計は受け入れられなかった。しかし、設計監督としては留まり、隣接する聖霊礼拝堂を設計している[5]。 礼拝堂はレオ4世の時代に作られた市壁とサン・マルコ館の間に建っている[6]

5階建ての建物は、106のスイートルームと22の客室、1つのアパートメントからなっており、聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会[1]が運営している。 寝室と洗面所、書斎が備えられており、ダイニングの設備や人的サービスも受けられるようになっている。2008年から2009年の間、駐バチカンアメリカ合衆国大使を務めたメアリー・アン・グレンダン英語版は「豪華ではないが、快適である」と感想を述べている[2]

以前の建物編集

 
 
サン・マルタ館はバチカン市国の南部に位置する

1881年から1896年にかけてコレラが大流行した際、これがローマに迫る恐れがあったことから、1891年に教皇レオ13世はこの場所にサン・マルタ・ホスピスを建てさせた。コレラがローマで猛威を振るうことはなく、建物はその後ローマのボルゴやトランステヴェレ近郊の病者や巡礼者のためのホスピスとして使用された。1901年には電気が供給されるようになり、1902年には礼拝所も併設された。また、聖職者やスイス傭兵への医療も提供されるようになった。第二次世界大戦中には、イタリアと国交を断絶していた国からの難民ユダヤ人外交官が利用していた[7]。 終戦の際には、教皇ピウス12世が初めて聖餐を受けた800人のローマの子供たちを招いている[8]。 ここは高位聖職者の末期の家ともなり[9]、バチカンに奉職する聖職者たちの住居としても重要性が増していった[7]

過去のコンクラーヴェ編集

1996年2月22日にヨハネ・パウロ2世が使徒憲章『ウニベルシ・ドミニ・グレギス英語版』(『教皇選挙と使徒座空位について』)を定める以前は、コンクラーヴェの参加者は寝具をローマの神学校から借用して、教皇の公邸であるバチカン宮殿に宿泊していた。参加者はバチカン宮殿に閉じ込められ、宮殿内の各所に設けられた間に合わせの部屋、場合によっては廊下や執務室に寝泊まりしていた。部屋は各枢機卿に抽選で割り振られ、シーツをロープで吊り下げて仕切られていることもしばしばあった。各部屋には十字架と祈祷台、机と1~2脚の椅子が備えられていた。浴室も共用で、10人で共用することもあった。

コンクラーヴェ編集

サン・マルタ館は、2005年[10]および2013年のコンクラーヴェの際に利用された[11]

慣例に従い、投票権をもつ枢機卿の部屋割りは抽選で決められ、コンクラーヴェの期間は枢機卿を外界から隔絶するという規則に則り、ラジオやテレビ、電話はすべて切断された。

教皇の住居として編集

 
サン・マルタ館に入る教皇フランシスコ

2013年3月26日、バチカンは教皇フランシスコがバチカン宮殿の居室に移らず、サン・マルタ館の201号室を居所にすると発表した。そこは、彼自身を選出したコンクラーヴェの際に枢機卿団に割り振られた残りの部屋のうち最初の部屋であった[12]

フランシスコは、ピウス10世が1903年にバチカン宮殿の3階に居室を構えて以来、そこに居住しない最初の教皇となった。彼はそこで眠り、朝の祈りを済ませ、サン・マルタ館の宿泊者と同じ朝食を摂っている[12]。 フランシスコはイタリアの雑誌「シビルタ・カットリカ英語版」に次のように語っている。 「バチカン宮殿の居室は豪華ではありません。部屋は広く、趣味のよい造りですが、豪華ではありません。ただ、結局のところ上下逆さまの漏斗のようなもので、中は広いけれど入り口が狭いのです。入れるのは一人だけですが、私は一人では生きられません。私は他の人たちと共に生きるのです。」[13]

脚注編集

  1. ^ a b “The St. Martha Foundation” (プレスリリース), Catholic News Service/Vatican Press Office, (2005年4月), http://www.ewtn.com/HolySee/Interregnum/domus.asp 2014年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b “Kissinger in conclave at Vatican”. Catholic News. (2007年4月30日). http://cathnews.acu.edu.au/704/145.php 2014年1月24日閲覧。 
  3. ^ Thavis, John (2013). The Vatican Diaries: A Behind-the-Scenes Look at the Power, Personalities and Politics at the Heart of the Catholic Church. New York City: Viking. pp. 121–2. ISBN 978-0-670-02671-5 
  4. ^ Rodgers-Melnick, Ann (2001年1月9日). “Connelly's plan to market replicas never took hold beyond Pittsburgh”. Pittsburgh Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/headlines/20010109vaticannat3.asp 2014年1月24日閲覧。 
  5. ^ “New Vatican Chapel Designed By Pittsburgh Architect”. KDKA News (CBS Local). (2013年3月4日). http://pittsburgh.cbslocal.com/2013/03/04/new-vatican-chapel-designed-by-pittsburgh-architect/ 2014年1月24日閲覧。 
  6. ^ Chapel of the Holy Spirit”. Astorino. 2014年1月24日閲覧。
  7. ^ a b Sodano, Angelo (2004年12月11日). “Homily: 120 Years of Witness by the Sisters of Charity”. バチカン国務省. 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ “800 Poor Children Received by Pope”. ニューヨーク・タイムズ. (1945年5月7日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=F30C1FFA3F5F1B7B93C5A9178ED85F418485F9 2014年1月24日閲覧。 
  9. ^ “Aide to Pope Dies at 62”. ニューヨーク・タイムズ. (1956年5月13日). http://query.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=FA0D10F93E5C127A93C1A8178ED85F428585F9 2014年1月24日閲覧。 
  10. ^ “Cardinals assembled to elect a pope”. ニューヨーク・タイムズ. (2005年4月18日). http://www.nytimes.com/2005/04/18/world/europe/18iht-web.0418pope.html 2013年4月4日閲覧。 
  11. ^ Wangsness, Lisa (2013年3月8日). “Conclave to select next pope to start Tuesday”. ボストン・グローブ. http://www.bostonglobe.com/news/world/2013/03/08/date-for-conclave-select-successor-pope-benedict-xvi-expected-set-friday/DQbWI3zmQwbq4o3tjPXBGP/story.html 2014年1月24日閲覧。 
  12. ^ a b Wooden, Cindy (2013年3月26日). “Pope Francis to live in Vatican guesthouse, not papal apartments”. National Catholic Reporter. 2014年1月24日閲覧。
  13. ^ “The Pastoral Geopolitics of the Domus Sanctae Marthae”. Inside the Vatican. (2014年2月). https://insidethevatican.com/tag/civilta-cattolica 2014年2月14日閲覧。 

外部リンク編集