メインメニューを開く


サン・ラファエル川鉄道事故: San Rafael River train disaster)とは、1989年8月10日に発生した鉄道事故である。メキシコ国鉄マサトランメヒカリ行きの列車(11両編成)がリオ・バモア橋英語版を走行中に橋が崩壊し客車数両がサン・ラファエル川に転落した[1]。橋が崩落した原因は橋の支持材が大雨により損傷していたことである。この事故で列車に乗っていた約330人の乗客のうち112人が死亡し205人が負傷した。負傷しなかった乗客は20人に満たない。また犠牲者の多くは川に流され溺死していた[2][3]

サン・ラファエル川鉄道事故
発生日 1989年8月10日 (1989-08-10)
メキシコの旗 メキシコ
場所 シナロア州グアサベ英語版付近
事故種類 列車が走行中の橋の崩壊
統計
列車数 1本
死者 112人
負傷者 205人
テンプレートを表示

脚注編集