メインメニューを開く

サン=フェリックス=ロラゲSaint-Félix-Lauragaisオック語:Sant Felitz de Lauragués)は、フランスオクシタニー地域圏オート=ガロンヌ県コミューン

Saint-Félix-Lauragais
Saint-Félix-Lauragais - Blason de la ville à l'interieur de la Mairie.jpg
Saint-Félix-Lauragais.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏Blason Région Occitanie - Fond transparent.png
(département) オート=ガロンヌ県Blason département fr Haute-Garonne.svg
(arrondissement) トゥールーズ郡
小郡 (canton) ルヴェル小郡
INSEEコード 31478
郵便番号 31540
市長任期 アンドレ・レイ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Lauragais-Revel-Sorèzois
人口動態
人口 1311人
2012年
人口密度 25人/km2
住民の呼称 Saint-Féliciens
地理
座標 北緯43度26分59秒 東経1度53分18秒 / 北緯43.4497222222度 東経1.88833333333度 / 43.4497222222; 1.88833333333座標: 北緯43度26分59秒 東経1度53分18秒 / 北緯43.4497222222度 東経1.88833333333度 / 43.4497222222; 1.88833333333
標高 平均:m
最低:178m
最高:341m
面積 51.88km2 (5 188ha)
Saint-Félix-Lauragaisの位置(フランス内)
Saint-Félix-Lauragais
Saint-Félix-Lauragais
テンプレートを表示

目次

地理編集

サン=フェリックス=ロラゲは、旧国道622号線でトゥールーズの南東40kmのところにある、ロラゲ地方の古いバスティッドである。コミューンはオード県との県境の町である。

コミューンをロード川、ヴァンディネル川、リゴル川が流れる。

サン=フェリックスの村落は、ルヴェルの平野を見下ろす石灰岩質の尾根(ケスタ)の上に腰掛けるようにしてあり、ノワール山地の西端と向かい合っている。そこはサンティアゴの巡礼路の1つ、トロザーヌ街道である。

歴史編集

コミューンの土地には新石器時代から人が定住していた。アンリ・ド・セヴラック(画家ジルベール・ド・セヴラックの兄で、作曲家デオダ・ド・セヴラックの叔父)が19世紀にコミューンで発見して収集していた先史時代の家具がその証拠である。彼の収集品の一部がトゥールーズ博物館で展示されている。

村落はサン=フェリックス=ド=カラマン(Saint-Félix-de-Caraman)の名で知られていた。1167年にカタリ派がサン=フェリックスの教会会議のためこの地に集まり、ボゴミル派の司教ニケタスが議長を務めた。彼はフランス、ロンバルディア、トゥールーズ、アルビアジャンカルカソンヌから集まったカタリ派の司教を慰労した。

1921年、単なるサン=フェリックスからサン=フェリックス=ロラゲに正式に改名した。

経済編集

サン=フェリックスは本質的に農業(穀物生産、ヤギの飼育)と観光のコミューンである。

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1349 1192 1110 1188 1177 1301 1348 1311

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[1]、2004年以降INSEE[2][3]

史跡編集

出身者編集

脚注編集