サージ・ラング(Serge Lang, 1927年5月19日 - 2005年9月12日)は、フランスパリ生まれのアメリカの数学者。イェール大学名誉教授。10代の頃に家族でアメリカへ移住し、1946年カリフォルニア工科大学を卒業、1951年プリンストン大学にて博士号を取得。1955年からシカゴ大学教授、コロンビア大学教授、イェール大学教授を歴任した。整数論分野の仕事および多くの教科書の執筆者として知られる。ニコラ・ブルバキのメンバー。

サージ・ラング
2004年ルイジアナ州立大学にて
生誕 (1927-05-19) 1927年5月19日
フランスの旗パリ
死没 (2005-09-12) 2005年9月12日(78歳没)
アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州バークレー
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 数学
研究機関 シカゴ大学
コロンビア大学
イェール大学
出身校 カリフォルニア工科大学 (B.A.)
プリンストン大学 (Ph.D.)
博士課程
指導教員
エミール・アルティン
主な業績 数論分野
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

著作(日本語訳のあるもの)編集

  • 『解析入門』松坂和夫・片山孝次訳、岩波書店、1978年。
  • 『続 解析入門』松坂和夫・片山孝次訳、岩波書店、1981年。
  • 『さあ 数学しよう!—ハイスクールでの対話』松坂和夫・大橋義房訳、岩波書店、1987年。
  • 『数学の美しさを体験しようー三つの公開対話』宮本敏雄訳、森北出版、1989年。
  • 『どこでも熱核(数学の最先端 21世紀への挑戦〈volume2〉に収録)』ジェイ・ジョルゲンソンとの共著、若山正人・訳(ラングの記事の訳者)、2002年。
  • 『ラング数学を語る』細川尋史訳、シュプリンガー・ジャパン、2009年。
  • 『ラング線形代数学』芹沢正三訳(上・下)、筑摩書房、2010年。

関連項目編集