ザ・シャデラックス

ザ・シャデラックス (The Shadracks) は、1960年代後半に活動した、日本のカレッジ・フォーク・グループ、コーラス・グループ。1966年の「君について行こう」などのヒットで知られる[1]

経歴編集

関西学院グリークラブのメンバーであった、山中敏(ギター、テナー)、森山哲至(ギター、テナー)、時枝康郎(バンジョー、バリトン)、猪原真作(ベース、バリトン)によって1963年に結成される[1][2]

日本コロムビアから1966年にデビューして、「君について行こう」などがヒットした[1][2]。翌1967年には、外国曲のカバーを集めたアルバム『虹と共に消えた恋』を発表した[3]

その後、CBSソニー(後のソニー・ミュージックエンタテインメント)に移籍し[1][4]1970年岸洋子との競作となったシングル「希望」を出し、さらに、アルバム『希望』を発表した[2]。当時のシャデラックスは、ヒット曲に恵まれない中で、年間150ステージをこなす精力的な活動を続けていた[2]。また、岸洋子との共演の機会もしばしばあった[2]

1973年に解散[1]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 虹と共に消えた恋 - 日本コロムビア、1967年6月[3]
  • 希望 - CBSソニー[4]、1970年9月[2]

シングル編集

日本コロムビア
  • 君について行こう / 恋する娘たち、1966年6月[5]
  • 有田弘二/ザ・シャデラックス)スキーかついで / ロッジの灯、1966年12月
  • 世界は二人のために / フサコのふるさと、1967年6月[6]
  • 白い雲のバラード / 春を待つ恋、1968年[7]
ACTレコード
  • みんなでつくろう / 友よ、1968年6月[8]
CBSソニー
  • 希望 / 君の祖国を、1970年(SONA860109)[9]
  • 今, 今, 今 / 美しい世界 1971年(SONA86167)[10]

脚注編集

  1. ^ a b c d e プロフィール ザ・シャデラックス”. 日本コロムビア. 2021年2月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “「希望」ヒットで張切るザ・シャデラックス 持味を生かし成功 岸洋子”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 6. (1970年8月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b ザ・シャデラックス - Discogs
  4. ^ a b ザ・シャデラックス - Discogs
  5. ^ ザ・シャデラックス - Discogs
  6. ^ ザ・シャデラックス* – 世界は二人のために - Discogs
  7. ^ ザ・シャデラックス* – 白い雲のバラード / 春を待つ恋 - Discogs
  8. ^ みんなでつくろう / 友よ”. Rate Your Music / Sonemic, Inc.. 20221-02-15閲覧。
  9. ^ ザ・シャデラックス - Discogs
  10. ^ 《新宿》ディスクユニオン体験記 後編 答え合わせのアイラビュー♡”. CREA / 文藝春秋. 20221-02-15閲覧。