メインメニューを開く

ザ・シーホーセズ(The Seahorses)は、イギリスロックバンド1996年ザ・ストーン・ローゼズ脱退後のジョン・スクワイアを中心に結成。

ザ・シーホーセズ
The Seahorses
出身地 イングランドの旗 イングランド ヨーク
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1996年 - 1999年
レーベル ゲフィン
メンバー ジョン・スクワイアギター
スチュアート・フレッチャー (ベースギター
クリス・ヘルム (ボーカル、ギター)
マーク・ヒーニー (ドラムス
旧メンバー アンディ・ワッツ (ドラムス)
マル・スコット (ドラムス)

概要編集

スクワイア以外のメンバーは、ベーシストパブでの演奏を聴いたスクワイアに誘われたスチュアート・フレッチャー、ボーカルにスチュアートの知人だったクリス・ヘルム、ドラマーにはヨーク界隈で既に有名なドラマーだったアンディ・ワッツが加わった。1997年5月、トニー・ヴィスコンティプロデュースで唯一のアルバム『ドゥ・イット・ユアセルフ』をリリースし、全英2位、全米8位を記録した。9月にオアシスリアム・ギャラガーとの共作シングル「ラヴ・ミー・アンド・リーヴ・ミー」をリリースし、その後ワッツが脱退。マル・スコットが一時的にドラマーとして加入。1998年にバンドは新しく加入したドラマー、マーク・ヒーニーと共にギグを行ったりフェスティバルに参加する。1999年に入りオリンピック・スタジオで新作の作業を始めるが、1月23日に突如解散が発表された。

作品編集

アルバム編集

  • ドゥ・イット・ユアセルフ - Do It Yourself (1997年) 全英2位[1]、全米8位

シングル編集

  • ラヴ・イズ・ザ・ロー - "Love Is the Law" (1997年) 全英3位[1]
  • ブラインデッド・バイ・ザ・サン - "Blinded by the Sun" (1997年) 全英7位[1]
  • ラヴ・ミー・アンド・リーヴ・ミー - "Love Me and Leave Me" (1997年) 全英16位[1]
  • ユー・キャン・トーク・トゥ・ミー - You Can Talk to Me" (1997年) 全英15位[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e Search Results – Singles”. Everyhit.com (2008年3月23日). 2015年2月13日閲覧。