ベーシストBassist)またはベースプレイヤーBass player)は、ベース演奏するミュージシャンである。ベースにはダブルベース(コントラバス)やエレクトリックベースなど様々な種類があるが、奏者は一様にベーシストと呼ばれる。ベーシストはロックファンクR&Bレゲエジャズなど、多くの音楽ジャンルで演奏を行う。またベーシストは、ドラマーとともにリズム隊としてビートを支える役割を担っている。

ジャズ・フュージョンの有名ベーシストだったジャコ・パストリアス1951年-1987年)。ウェザー・リポートでの活動、ジョニ・ミッチェルパット・メセニーとのコラボレーション、彼自身のソロプロジェクトなどで知られる[1]
 ブーツィ・コリンズin Germany, 1998

概要編集

エレクトリックベースは1940年代後半に開発され、その後ファンク、R&B、ソウルミュージックロックレゲエ、ジャズ/クロスオーバーフュージョンハードロック/ヘヴィメタルポップ・ミュージックリズム楽器として使用されるようになった。またアコースティック楽器であるダブルベース(ウッドベース)は、ジャズ、クラシック音楽フォークブルーグラスロカビリー、ネオロカビリー、カントリーのリズム楽器だった。チューバスーザフォンなどの低音金管楽器は、ディキシーランド・ジャズニューオーリンズ・ジャズのバンドのベースとして機能した。

ブーツィー・コリンズ[2]ラリー・グラハム[3]、フレッド・トーマス[4]、ロバート・クール・ベル[5]、マーシャル”ロック”ジョーンズ[6]バーナード・エドワーズ[7]アンディ・フレイザー[8]メル・サッチャー[9][10]、ビル・ワイマン、ポール・マッカートニーらはエレクトリックベース・ギターを使用した。ストレイ・キャッツのリー・ロッカーら、ネオロカビリー・バンドのベーシストは、ダブルベース(コントラバス)を使用した。

著名なベーシスト編集

 
ジャズベーシストのエディ・ゴメス

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://noisey.vice.com/en_uk/blog/jaco-pastorius-is-the-most-important-musician-youve-never-heard-of
  2. ^ ジェームス・ブラウンパーラメントファンカデリックなどのベースを担当した
  3. ^ スライ&ザ・ファミリー・ストーングラハム・セントラル・ステーションのベーシスト
  4. ^ liner-notes by Alan Leeds, Thomas performed on: "Doing It to Death", "Hot Pants (James Brown song)、Hot Pants Road", "Pass the Peas", "Gimme Some More (The J.B.'s song)", "Givin' Up Food for Funk", "Same Beat", "Damn Right I Am Somebody", "Breakin' Bread", "(It's Not the Express) It's the J.B.'s Monaurail", "If You Don't Get It the First Time...
  5. ^ クール&ギャングのベース奏者
  6. ^ オハイオ・プレイヤーズのベーシスト
  7. ^ シックのベースを担当
  8. ^ フリーの初代ベーシスト
  9. ^ http://www.grandfunkrailroad.com/bios/Mel_bio.html
  10. ^ グランド・ファンク・レイルロードのベーシスト