メインメニューを開く

ザ・パウンド・イズ・シンキング

ザ・パウンド・イズ・シンキング(The Pound Is Sinking)は、1982年ポール・マッカートニーが発表した楽曲。

ザ・パウンド・イズ・シンキング
ポール・マッカートニーの楽曲
収録アルバム タッグ・オブ・ウォー
リリース 1982年4月5日(英国)
録音 1981年2月
ジャンル ロック
時間 2分55秒
作詞者 ポール・マッカートニー
作曲者 ポール・マッカートニー

ボールルーム・ダンシング
(6)
ザ・パウンド・イズ・シンキング
(7)
ワンダーラスト
(8)

アルバム『タッグ・オブ・ウォー』収録。アコースティックギターでデニー・レインが参加している。

ポールが経済問題を取り上げた、珍しい曲。当時は世界同時不況のさなかにあった。歌詞には各国通貨が並び、その中にも登場する(「絶えず上がっている」とある)。当曲発表2年前の『マッカートニーII』では「フローズン・ジャパニーズ」(原題は"Flozen Jap"。日本版のみ配慮がなされて"Flozen Japanese"となった)でポールから不名誉極まりない呼ばわりを受けた日本だが、徐々に円が強くなっていった(そして円高不況を経てバブル景気に突入していく)時期の雰囲気が感じられる。

登場する通貨は順に、ポンドペソリラマルクフランドラクマドルルーブル、円(通貨はいずれも当時)。