メインメニューを開く

ザイード・スポーツシティ・スタジアム: Zayed Sports City Stadium)はアラブ首長国連邦の首都アブダビにある多目的スタジアム。

ザイード・スポーツシティ・スタジアム
Abu Dhabi Zayed Sports City Stadium 2.jpg
施設情報
所在地 アラブ首長国連邦の旗アブダビ
起工 1979年
開場 1982年
グラウンド 天然芝
建設費 5億5000万ディルハム
使用チーム、大会
サッカーアラブ首長国連邦代表
収容能力
43,000[1]

目次

概要編集

スタジアムはザーイド・スポーツ・シティ内にあり、1982年に建設。周辺にはテニススタジアム、アイスホッケー場、ボウリング場がある。2003年にFIFAユースW杯、1996年のアジア杯決勝、ガルフカップなどが開催された。2009年と2010年にはクラブW杯の決勝会場として使用された。2013年開催のFIFA U-17ワールドカップでも使用された。また、AFCアジアカップ2019年の会場にもなり、決勝も使用される。

外部リンク編集

脚注編集