シェンロンガンダム

シェンロンガンダム(Shenlong Gundam)は、1995年放送のテレビアニメ新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。

東洋の龍の意匠を持つ格闘戦用ガンダムタイプMSで、主要人物の一人である「張五飛(チャン・ウーフェイ)」の搭乗機。機体名の「シェンロン」は、「神龍」の中国語読み。敵組織である「OZ(オズ)」からは「'ガンダム05’(ゼロファイブ)」のコードネームで呼ばれる。劇中後半では、改修型である「アルトロンガンダム」として登場する。

メカニックデザイン大河原邦男が担当。テレビ放送終了後に発表されたOVAおよび劇場用アニメ新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメの手により再デザインされたアルトロンが登場する。これに伴い、改修前のシェンロンも再デザインされた。以降、大河原デザインの機体は「テレビ版」、カトキデザインの機体は「EW版」として区別されているが、設定上は同一機あつかいとなっている。改修前の機体は、当初は「アーリータイプ」とも呼ばれていた(詳細は後述)。

本項では、外伝作品『新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場するティエンロンガンダムの解説も併記する。

目次

機体解説編集

諸元
シェンロンガンダム
Shenlong Gundam
型式番号 XXXG-01S
開発 老師O
頭頂高 16.4m
重量 7.4t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 バルカン×2
ドラゴンハング
火炎放射器×2
ビームグレイブ
(EW版はビームトライデント)
シェンロンシールド
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル160
ウェポンズアビリティ:レベル110
スピードアビリティ:レベル130
パワーアビリティ:レベル140
アーマードアビリティ:レベル120
リーオーをオールレベル100として換算)
搭乗者 張五飛

スペースコロニー内の反地球圏統一連合勢力による地球攻撃作戦オペレーション・メテオ用に投入された5機のガンダムの1機。機体開発は、ウイングガンダムゼロを設計した元OZの技術者の一人老師O。パイロットは、古代中国の戦士の血を引くL5コロニー出身の少年・張五飛が務める。

機体駆動システムを得意分野とする老師Oの思想を反映して、近接戦闘での高い運動性を念頭に設計されている。各関節の可動域も広く保たれており、中国武術の身のこなしさえ再現可能[1]。この俊敏性をもって敵陣に切り込み、制圧する戦法を得意とする[1]。鎧を纏った古代中国の戦士のような外観が特徴で、武装は右腕の「ドラゴンハング」や「ビームグレイブ」といった間合いの長い接近戦用装備でまとめられている[2]。両肩アーマー前面にはレンズ状のファイティングサイトが設置され、戦闘中の情報収集や分析能力にも長けている[2]。接近戦では5機中最強の能力を持つが、有効な遠距離射撃武装を装備しておらず、火力は重視していない。ただし、汎用性ではウイングガンダムに次ぐ能力を持つ[3][4]

機体名の「シェンロン」は五飛自身が名付けたものだが、普段は「ナタク)」の愛称で呼ばれている。これは本機を庇って死亡した五飛の妻・竜妹蘭(自称ナタク)の影響からである。五飛は本機に彼女の魂が宿っているとしていた。ただし後発の作品で語られるエピソードのため、本編中ではナタクの名前の由来や五飛の妻については言及されていない。

Endless Waltz版編集

劇場作品『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇 』公開時に、OVAでカトキハジメによってリファインされたEW版アルトロンガンダムから逆算して、テレビ版シェンロンをリファインした機体。大河原デザインのテレビ版に対し、この機体はカトキ本人のイニシャルを取って「Ver.Ka.」、もしくは「アーリータイプ」とも呼ばれていたが、漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光(敗栄)』で当デザインの機体が登場することなどをきっかけとして、EW版と呼称されるようになった。全体的な形状はEW版アルトロンに準拠、配色はテレビ版同様のトリコロールだが、両肩アーマー前面のファイティングサイトは排除され、肩自体も小型化されている。Vアンテナの形状も変更。また、ドラゴンハングの展開ギミックや武装も一部変更されている。

武装編集

ドラゴンハング(火炎放射器)
龍の頭を模した右腕のガンダニュウム合金製クロー。肩アーマーに格納されたアームを伸長することでリーチを倍化させ、相手の予測を超えた間合いからの奇襲を可能とする。クローで相手を捕縛可能なだけでなく、両側には火炎放射器(ドラゴンハングファイヤー)が内蔵され[5]、高熱の炎で敵機や基地施設を焼き払う。ビームグレイブでは届かない中距離をカバーする装備でもある[1]。その構造にはウイングガンダムゼロからの技術フィードバックが行われている[6]
EW版ではクローは大型化しているが、肩アーマー内の延長アームを持たないため間合いは短くなっている。
ビームグレイブ / ビームトライデント
長尺の柄を持つ薙刀状の格闘ビーム兵器。通常のビームサーベルを上回るリーチを活かし、接近戦で高いアドバンテージを発揮する。不使用時は背部ラッチに背負うようにマウントする。
EW版では、アルトロンガンダムのツインビームトライデントの発振器を片側のみとしたシングルタイプのビームトライデントに変更されている。
シェンロンシールド
左前腕装着式の円盤状シールド。接近戦での取り回しを考慮し、小型軽量に造られている[2]。縁は鋭利な形状で、リーオー程度なら盾を投げつけて破壊することも可能。
バルカン
頭部に2基固定装備される小型機関砲。本機唯一の射撃装備だが、威嚇・牽制や対人戦程度の威力しか持たない。
獠牙(発音はLIAOYA)
『敗栄』で新設定されたオリジナル武装。青龍刀柳葉刀)に似た形状の実体剣。巻き取り式のケーブルでシェンロンシールドと接続されており、投擲後の再回収が可能となっている。

劇中での活躍編集

揚子江でOZ艦隊を壊滅させつつ南下、インダス川補給基地やアフリカのヴィクトリア湖基地を襲撃する。最後はドラゴンハングを失った状態でOZの月面基地を単独襲撃し、集中攻撃を受けて鹵獲される。しかしこれは、より強い力を得ようとした五飛の計算によるものだった。

アルトロンガンダム編集

諸元
アルトロンガンダム
Altron Gundam
型式番号 XXXG-01S2
全高 16.4m
重量 7.5t
装甲材質 ガンダニュウム合金
出力 3,045kW(EW版設定)
推力 74,760kg(EW版設定)
武装 バルカン×2
ドラゴンハング×2
火炎放射器×4(テレビ版のみ)
2連装ビームキャノン(テレビ版のみ)
ツインビームトライデント
アルトロンシールド(テレビ版のみ)
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル170
ウェポンズアビリティ:レベル140
スピードアビリティ:レベル130
パワーアビリティ:レベル140
アーマードアビリティ:レベル120
搭乗者 張五飛

OZ月面基地に拘束されていた5人のガンダム開発者たちが、同基地に鹵獲されたシェンロンを、同じく鹵獲されたデスサイズとともに密かに修復・強化した機体。

彼らが開発したガンダムは基本的に地上戦仕様の機体であったため、改修は宇宙戦に対応した強化が主となっている[1]。本機の場合は、背部左右にスラスター内蔵の可動翼ランダムバインダー[7]、両スネにサブスラスターを追加し空間機動力を強化[1]。武装もアルトロン(二頭龍)[8]の名の由来となった両腕の改良型ドラゴンハング、ビームグレイブに代わり装備されたツインビームトライデント、背部の2連装ビームキャノンと、大幅に強化されている。

外見面では機体色をシェンロンのブルーからグリーンに変更。頭部やスネにたてがみや牙の意匠を取り入れるなど、より龍のイメージを強く打ち出している。

Endless Waltz版 (アルトロン)編集

OVAおよび劇場版『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』用にカトキハジメがリファインした機体。最大の特徴はドラゴンハングの形状やギミックの変更。機体色はテレビ版アルトロンよりも彩度を落とした地味目のカラーに変更。ビームキャノンやランダムバインダー、シールド、脛部スラスターはすべて省略され、シンプルなデザインにまとめられている。これはプラモデル化(後述)を考え、デザインされたためである。テレビシリーズとデザインが異なるが、設定上は同一の機体である。OVA公開当時に発売されたプラモデルなどの商標名や関連ゲームにおける名称は、テレビ版と区別できる様に「アルトロンガンダムカスタム」もしくは「ガンダムナタク」と呼称されていたが、リデザインされた同一機ではなく改良機と誤解を招くことから、徐々に「アルトロンガンダム(EW版)」という名称表記へと移行していった。

この機体のプラモデルでは「ガンダムナタク」というネーミングをされているが、設定資料によってはほかのガンダムと同様「アルトロンガンダムカスタム」とも呼ばれる。劇中ではそれまでと同様、ナタクと呼称されている。また1/100スケールにてプラモデル化の際シェンロンガンダムより流用されたパーツが多く、EW1/100シリーズでは唯一完全新規ではないため設定および同シリーズ他ラインナップと比較し太めのプロポーションとなっている。

なお、ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズでは、ほかの機体がエンドレスワルツ版の表記に改められた現在もなお、「ガンダムナタク」[9]の名称でほぼ統一されている。一方『スーパーロボット大戦』シリーズでは、『第2次スーパーロボット大戦α』までは「アルトロンガンダムカスタム/アルトロンカスタム」か「ガンダムナタク」でまちまちだったが、『第3次スーパーロボット大戦α』以降は「アルトロンガンダム」でほぼ統一されている[10]

武装編集

ドラゴンハング(火炎放射器)
両腕をドラゴンハング化したことで、弱点であった左腕側の死角を解消。ほかの武装を組み合わせた多彩な攻撃パターンの展開が可能となった。クローの形状もより龍に近いデザインに変更されている。両腕の火炎放射器から放たれる「ダブルドラゴンハングファイヤー」は、片方のみと比較して約10倍もの破壊力を持つ[7]
EW版では、クローの開閉が縦方向から横方向に変更され、クロー自体もかなり大型化している。EW版ではアルトロンになってはじめて延長アームが搭載され、その位置は肩ではなく、クローと前腕の間(演出上ではあるが、伸長距離もテレビアニメ版よりかなり長い)。赤色の蛇腹形状アームはTV版シェンロンやTV版アルトロンのものより機動武闘伝Gガンダムドラゴンガンダムに近い伸縮法。火炎放射器は省略されている。
ツインビームトライデント
ビームグレイブに代わり装備された格闘ビーム兵器。複数敵への攻撃を想定しており[1]、その名のとおり柄の両端から三又槍(トライデント)状のビーム刃を形成する。更にメリクリウスのクラッシュシールドの粒子加速技術を応用することで、ビーム刃自体の出力も大幅に向上している[7]。テレビ版では、不使用時に柄を縮めた状態でランダムバインダーにマウントされる。
2連装ビームキャノン
シェンロンの弱点であった射撃能力の低さを補うべく、背部に装備された連装ビーム砲で龍の尾を模している。ヴァイエイトのビームキャノンの技術が用いられており、出力・射程ともに優秀な性能を発揮する[7]。また、銃身部はドラゴンハングと同様の多関節アームで接続されており、背面など多方向への発砲が可能[1]
EW版では省略されたが、『敗栄』では追加装備として新たにデザインされている。
アルトロンシールド
カラーリングが青から赤に変更されているが、基本的にシェンロンシールドと同一の装備。左腕のドラゴンハング化に伴い、設置位置が左肩に変更されている。
EW版では、ドラゴンハング自体がシールドの役割を果たすため省略された。
ファイティングサイト
 シェンロンガンダムのものに比べ、円形から六角形状に変更された。レンズ部の改良によって宇宙空間での使用に適したものとなっている[7]

また、EW版では、バックパックにパラシュートを装備している。

劇中での活躍編集

テレビ版
OZ技師長ツバロフレディ・アンの対立による月面基地の混乱に乗じ、牢を脱出した五飛が搭乗。この時点での機体の完成度は70~80パーセント程度だが、同じく脱出したデュオ・マックスウェル駆るガンダムデスサイズヘルとともに、迎撃に投入された新型MD(モビルドールビルゴを圧倒する。基地脱出後は故郷のL5コロニーに帰還、現地にて最終調整が行われる。しかし、その後五飛の単独行動はなおも続き、度重なるOZ軍との戦闘によって一度中破する。リーブラ攻防戦においては、トレーズ・クシュリナーダ駆るトールギスIIと対決しこれを撃破。最後は地球へ落下するリーブラの破片を破壊するべく、ガンダムエピオンとの戦闘で紛失したツインバスターライフルをヒイロ・ユイのウイングゼロの元に送り届ける役割を果たす。
EW版
X18999コロニーでヒイロの乗るリーオーと交戦。宇宙でヒイロのウイングゼロと激闘を繰り広げながら大気圏に突入し地球に降り立つ。その後、ドロシー・カタロニアによって挑発され抗議行動に踏み切った民衆と共にブリュッセルに姿を見せ、民衆と共にマリーメイア軍を武力行使することなく追いつめる。紛争終結後、五飛が揚子江付近(小説版によると竜一族の故郷)で自爆させ、亡き妻の安らかな眠りを願う。

ティエンロンガンダム編集

新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場する機体。名称のティエンロンは、「天龍」を意味する。シェンロンの量産化を目的とし開発された機体。量産機であると同時に太陽光が直撃する戦場でも戦える様開発された試験機でもあり、全身が光熱反射材で構成されている。ゼロシステムが搭載されており、これによってMDの遠隔操作が可能となっているが、その分扱いが非常に難しくなっている。

ロームフェラ財団によって保管されていたところを、マリーメイア軍所属の少女工作員クルング・ポンラマーイによって奪取された。追撃してきたガンダムデスサイズギルティガンダムサンドレオンの2機を撃退し、戦士の墓へと突き落とした。その後、ゼロシステムとMDシステムの併用によって、探査用MSであるキャプリコーンを遠隔操作する。

しかし、のちにパイロットのクルングが本性を現し、ティエルの操縦するウイングガンダムセラフィムに攻撃を仕掛けた際、ゼロシステムを暴走させたウイングガンダムセラフィムによってキャプリコーンともども返り討ちにされ、パイロットのクルングも死亡する。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 一迅社「新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1090-0)2007年12月1日初版発行、58-63頁参照
  2. ^ a b c プラモデルキット「HG 1/100 シェンロンガンダム」組立説明書参照
  3. ^ 講談社「新機動戦記ガンダムW 公式MSカタログ」(ISBN 4-06-103309-3) 1997年4月30日第一刷発行、42-45頁参照
  4. ^ ただし、現地で敵から奪った火器をそのまま使用することは可能。
  5. ^ プラモデルキット「1/144 シェンロンガンダム」組立説明書参照
  6. ^ プラモデルキット「1/60 PG ウイングガンダムゼロカスタム」取扱説明書
  7. ^ a b c d e プラモデルキット「1/100 HG アルトロンガンダム」組立説明書参照
  8. ^ ただし、使用されている「altron」というアルファベット表記は正しくない。また「二頭龍」を中国語で読んだ場合の発音は「èr tóu lóng(エ゛ァートウロンに近い)」である。なお、中国語では一般「双頭龍」と表記し、発音はシャントウロンに近い。
  9. ^ 『CROSS DRIVE』のみ「アルトロンガンダム(EW)」
  10. ^ ただし、「アルトロンガンダム」に名称が統一されてから、テレビV版とOVA版が同時に参戦を果たした作品は発売されていない。

関連項目編集