ガンダムデスサイズ

ガンダムデスサイズ (Gundam Deathscythe) は、1995年放送のテレビアニメ新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の1つ。

死神のような外観を持つ隠密戦用ガンダムタイプMSで、主要人物の1人である「デュオ・マックスウェル」の搭乗機。機体名の「デスサイズ」とは、英語の「death(死・死神)」と「scythe(大鎌)」を組み合わせた造語。敵組織であるOZ(オズ)からは「ガンダム02(ゼロツ)」のコードネームで呼ばれる。劇中後半では、改修型である「ガンダムデスサイズヘル」として登場する。

メカニックデザイン大河原邦男が担当。テレビ放送終了後に発表されたOVAおよび劇場用アニメ新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメの手により新たにデザインが描き起された。これにより設定上は同一機だが、デザインの異なる2タイプ「テレビ版」と「EW版」が存在する(詳細は後述)。

本項では、外伝作品『新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場する派生機についても併せて記述する。

目次

機体解説編集

諸元
ガンダムデスサイズ
Gundam Deathscythe
型式番号 XXXG-01D
開発 プロフェッサーG
頭頂高 16.3m
重量 7.2t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 バルカン×2
マシンキャノン×2
ビームサイズ×1
バスターシールド×1
ハイパージャマー×2
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル140
ウエポンズアビリティ:レベル120
スピードアビリティ:レベル160
パワーアビリティ:レベル120
アーマードアビリティ:レベル120
リーオーをオールレベル100として換算)
搭乗者 デュオ・マックスウェル

スペースコロニー内の反地球圏統一連合勢力によって計画された、地球攻撃作戦「オペレーション・メテオ」の一環として投入された5機のガンダムタイプMSの1機。パイロットは、L2コロニー付近の宇宙遊牧民的組織「スイーパーグループ」出身の少年デュオ・マックスウェルが務める。

ステルス技術の権威であるL2コロニー出身の技術者プロフェッサーGが開発した機体。そのコンセプトはステルス性によって敵や拠点に接近し、攻撃するというもの[1]。装甲材は他のガンダムと同様に「ガンダニュウム合金」が採用され、電磁波を吸収する特性を持つ[2]。加えてバックパックに装備された電波妨害装置「ハイパージャマー」で敵のカメラやセンサーを攪乱し[1]、これらを併用した近接戦闘で撃破する戦術を基本としている。すばやく敵に接近するために、5機のガンダムの中では最も走力が高く[3]、高速戦闘を重視した機体となっている[4]

漆黒の機体色と主武装の巨大なビームサイズ(大鎌)は冥府の死神を想起させ、OZ兵士たちのあいだで「ガンダムを見た者は生きて帰ってこない」というジンクスを生み出す要因となった。パイロットのデュオは本機に強い愛着を持ち、親しみを込めて「相棒」と呼んでいる。

Endless Waltz版編集

劇場作品『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇』公開時に、OVAでカトキハジメによってリファインされたEW版ガンダムデスサイズヘルから逆算して、テレビ版デスサイズをリファインした機体。大河原デザインのテレビ版に対し、初期はカトキ本人のイニシャルを取って「Ver.Ka.」、もしくは「アーリータイプ」とも呼ばれていたが、漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光(敗栄)』で当デザインの機体が登場することなどをきっかけとして、EW版と呼称されるようになった。

全体的なカラーリングはテレビ版に準拠し、武装面でもバスターシールドやハイパージャマーなどテレビ版と同様の武装を装備しているが、本体の形状はEW版ヘルを元にしているため、ヒザと爪先の巨大なスパイクはそのまま残っており、頭部ヘルメットのカラーはホワイトに変更されている(初期は黒く塗られていた)。EW劇中でデュオの過去が語られた場面では、EW版デスサイズヘルから背部アクティブクロークを外した状態の機体が登場しており、カラーリングもヘルのままとなっている。

2010年09月24日に当デザインを再現したガンプラマスターグレード版が、「XXXG-01D ガンダムデスサイズEW(エンドレスワルツ版)」の商品名で発売された。

武装編集

ビームサイズ
機体名の由来でもあるビーム刃の大鎌(Scythe、サイズ)。ビーム発生器の角度を変えることで薙刀としても使用可能。ガンダムが装備するビーム兵器は、ガンダニュウム合金の採用によってデバイスの耐久度が向上するとともにビームと空間の間に電離領域と電磁界を発生させる特性を持っておりる[2]、水中でもいっさい減衰しないほどの高出力を持つ。非使用時は柄が短縮化し、腰部背面のラックにマウントされる。
EW版では柄が杖のような非直線デザインに変更され、ビーム刃の角度調節機能が廃止されている。柄の伸縮機能も持たないため、非使用時はバックパックに背負う形でマウントする。
バスターシールド
表面に十字架の装飾があしらわれた、左前腕装着式の攻防一体のシールド。先端部が展開してビーム刃が発生し、この状態で敵機に向かって射出する。
ハイパージャマー
バックパック左右に装備される電子戦用装備。周囲に特殊粒子を散布することで強力な電波妨害を発生させ、電子機器をほぼ完璧に無効化する[1]。MSなど外部カメラやレーダーなどから情報を得る兵器にとっては、姿が消えているように感じる。ただし、使用時間には限界が存在する[1]
なお、デスサイズ本体の電子機器は専用のものとなっており、この装備の影響を受けない[4]スーパーロボット大戦シリーズでは回避に用いる「分身」や、姿を隠して攻撃する武器にもなっている。
バルカン
頭部に2門内蔵された近接防御機関砲。小口径ゆえ威力・射程距離は攻撃用としては非力で、威嚇・牽制や対人戦が主な用途である。
マシンキャノン
両肩に内蔵される大口径機関砲。頭部バルカンと違い、攻撃用としても充分な威力を持つ。ヘルへの改修時にはアクティブクローク懸架アームとの競合により撤去される。
EW版には装備されていない。
ルーセット装備
『敗栄』で新設定された、EW版オリジナル装備。バックパックの両脇に追加装備される、大気圏内飛行用の可変翼ユニット。ウイングガンダム(EW版)の主翼を小ぶりにしたような形状を持ち、デスサイズ本体のバックパックと翼自体に内蔵されたスラスターを併用することで、ウイングガンダムと同等の空中機動性飛行能力(極超音速まで飛行が可能なウイングユニット[5]を発揮する。

劇中での活躍編集

地球上に降下後は、ハワードのサルベージ船を拠点に活動を行い、連合やOZ相手に優位に戦闘を進める。一方で、ヒイロ・ユイの手でウイングガンダムとともに海中に沈められたり、ウイングガンダムの修理用にパーツを抜き取られるなどする。

組織がOZに降伏した後は、HLVで宇宙に上がるが、待ち構えていたOZ宇宙軍のトーラスの前に敗北。機密保持のために自爆を試みるも、自爆回路の故障により失敗する。捕虜になったデュオはヒイロに救出されるが、鹵獲されたデスサイズは「コロニーの反乱分子の粛清」と「OZへの恭順を示す」ための標的機にされ、OZの兵士として潜入活動中のトロワ・バートンが操縦するリーオーのビームカノン(トーラス用)で破壊される。機体の残骸は回収され、後述のデスサイズヘルに強化される。

ガンダムデスサイズヘル編集

諸元
ガンダムデスサイズヘル
Gundam Deathscythe-Hell
型式番号 XXXG-01D2
全高 16.3m
重量 7.4t
装甲材質 ガンダニュウム合金
出力 3,009kW(EW版設定)
推力 75,380kg(EW版設定)
武装 バルカン×2
ツインビームサイズ×1
(EW版はビームシザーズ、『敗栄』はツインビームシザース)
バスターシールド×1(EW版はなし、『敗栄』は×2)
ハイパージャマー×2
アクティブクローク×1
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル150
ウエポンズアビリティ:レベル120
スピードアビリティ:レベル170
パワーアビリティ:レベル120
アーマードアビリティ:レベル140
搭乗者 デュオ・マックスウェル

OZの月面基地に拘束された5人のガンダム開発者たちが、同基地に回収されたデスサイズを、同じく回収されたシェンロンガンダムとともに極秘に修復・強化した機体。

5機のガンダムは基本的に地上戦を目的に開発された機体であり、改修時は宇宙戦に対応した機動性の強化が行われた[1]。本機ではさらに、メリクリウスの技術を応用した特殊装甲「アクティブクローク」の増設や、リア・サイドスカートの大型化による防御力の強化が施された。改修前の各種装備も強化され、総合面においても格段の向上を果たしている。

改修後の名称は「一度破壊されたデスサイズが地獄の淵から蘇った」という意味合いをこめて「ヘル(地獄)」と付け加えられた。

Endless Waltz版 (デスサイズヘル)編集

OVA『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』用に、カトキハジメがデザインリファインを行なった機体で、設定上はテレビ版と全く同一の機体。OVA公開当時に発売されたプラモデルなどの商標名や関連ゲームにおける名称は、テレビ版と区別できる様に「ガンダムデスサイズヘルカスタム」と呼称されていたが、リデザインした同一機ではなく改良機と誤解を招くことから、徐々に「ガンダムデスサイズヘル(EW版)」という名称表記へと移行していった。

アクティブクロークはよりコウモリの翼に近い生物的なフォルムにリファインされ、表面のフィールドジェネレーターやホワイトの塗り分けを廃したシンプルなデザインに変更。頭、胸など本体部分はテレビ版デスサイズヘルよりもテレビ版デスサイズに近い形状である。四肢は白ではなくグレーで、ヒザと爪先には巨大なスパイクが設置されている。

漫画『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光』ではデザイン(武装)が変更されており、ビームシザーズはテレビ版と同じく刃が2枚になっており、両腰にはバスターシールドが装着されている。

武装編集

ツインビームサイズ / ビームシザース / ツインビームシザース
ビーム発生器を2基に増設した連装刃タイプのビームサイズ。1枚目の刃で敵MSの装甲を、2枚目でフレームを両断し確実な撃破を目的とする[6]。またバーニアも付加されており、振り下ろす力を増したり、回転切りなどに利用される。総合的な威力は単刃タイプの4倍に強化されている。柄の伸縮機構は継承され、不使用時には腰部背面のラックにマウントされる。
EW版では改修はされず、名称が「ビームシザース」[7]に変更されている(資料によってはそのまま「ビームサイズ」と表記される)。『敗栄』では、テレビ版を参考にした二枚刃の「ツインビームシザース」となっている。
バスターシールド
棺桶状のデザインとなり、ビーム刃の出力も強化されている[1]
EW版では不採用となった代わりに、両前腕部に手甲状の装甲が追加されている。『敗栄』では両腰に2基が装備され、前方に向けて射出することができる。
ハイパージャマー
形状は改修前と変わらないが、基本性能は2倍に向上。胸部に設置された肋骨状の増幅装置「リブジャマー」や頭部外縁に施された白い装飾との相乗効果によって、より幻惑効果が高められている[6]
EW版では両肩上部に設置されたバルジ状のパーツがハイパージャマーとリブジャマーの機能を担っている。
アクティブクローク
胴体前後面を覆う外套(クローク)状の追加装甲。前面にはメリクリウスのプラネイトディフェンサーを応用したフィールドジェネレーターを計4基設置[8]。強力な電磁フィールドを発生させ、ヴァイエイトのビームキャノンの直撃にも耐え切る。また、装甲自体にも対ビームコーティングが施されており[6]、それ自体の防御力も高い。さらには対レーダー装甲としての機能をも併せ持っており[9]、ハイパージャマーやガンダニュウム合金の働きもあり、接触以外の機体検知は不可能となる[2]
さらに、装甲は前後左右側面6枚が独立して可動し、高機動戦闘時は前後の装甲が肩上部に跳ね上げられ、悪魔の翼を連想させる不気味なシルエットを形成する。この翼はウイングとしての機能も有しており[1]、大気圏内での機動性を向上させる[8]。翼状の機構はプロフェッサーGがかつて携わった「ウイングガンダムゼロ」開発時のノウハウが生かされている[10]。なおクロークの基部フレームが両肩口に位置するために、マシンキャノンは撤去されている。
EW版では前面の翼のみが横方向に開閉する方式に変更。クローク内側に設置されたスラスターによって運動性能を高めている。大気圏突入時はウイングゼロのように翼を閉じて摩擦熱から機体を保護する。構造上、閉じた状態では肩の可動が妨げられる欠点を持つ。

劇中での活躍編集

テレビ版
月面基地を管轄するOZ技師長ツバロフレディ・アン特佐の対立による混乱の最中、牢を脱出したデュオが搭乗。この時点での機体完成度は70〜80パーセント程度だが、初陣では基地に配備された新型モビルドール(MD)ビルゴを、同じく脱出した張五飛アルトロンガンダムとともに圧倒する。脱出後は故郷のL2コロニー群に帰還。ジャンク屋を経営する傍ら、周辺宙域を哨戒するOZ部隊への海賊稼業を行いつつ最終調整を完了させる。最終戦であるリーブラ攻防戦においては、地球へ落下するリーブラ、ピースミリオンの軌道を変えるべく5人のガンダム開発者達を艦内のコントロール施設に送り届ける。なお、漫画版ではガンダムエピオンを含む6機のガンダムと共にリーブラに向けてツインバスターライフルを発射する。
EW版
機体廃棄の為他のガンダム達と共に一度太陽へ向けて打ち上げられるが、マリーメイア軍の蜂起をきっかけに再回収され、ほかのガンダムとともにブリュッセルの戦いに参加する。マリーメイア軍による紛争終結後、サンドロック改ヘビーアームズ改と共にデュオの手により爆破される。

ガンダムデスサイズギルティ編集

新機動戦記ガンダムW〜ティエルの衝動〜』に登場する機体。ギルティとは「罪」という意味である。デスサイズヘルの量産化を目的に開発された機体。格闘戦重視の機体で、全身にプリズム粒子コーティングが施されており、標的から見た角度に対してのみ、装甲の構成面レベルで自機の姿を完全に消すことの出来る特殊ステルス機。

ガンダムデスサイズヘル(EW版)をベースとしており、本来背部に装備されているアクティブクロークが両腰に装備されているほか、配色も一部異なる。

元OZのパイロットであるセミスが搭乗し、ドッペルトの搭乗するガンダムサンドレオンと共に、新型機を奪取し逃走したティエル・ノンブルーの追撃任務を受け出撃したが、逆にティエンロンガンダムによって返り討ちに遭い、戦士の墓と呼ばれる場所の重力圏に落とされ小破。その後、緊急チューンナップが行われるものの、ガンダムデリンジャーアームズと相打ちになる。

ガンダムデスサイズギルティカスタム編集

デスサイズギルティを、戦士の墓に残存していたハイドラガンダムの試験用パーツ(両肩等)をサルベージし、緊急チューンアップを施した機体。 肩部に増設されたショルダークローおよびビーム砲により、射撃戦にも対応可能となっている。

魔法使い(ワーロック)編集

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』に登場する機体。ガンダムタイプのモビルスーツだが、全身を特殊ステルスが施されたマントに包まれているため、機体の詳細は不明。武装はビームサイズのみであり、隠密戦闘を主とする。パイロットは2代目デュオ・マックスウェルが務める。 その正体は、かつてのプロメテウスシェヘラザードと同じくオペレーション・メテオ以前に開発された試作機であり、本来は獣を思わせる四足歩行機として開発されたものを、プロフェッサー・Gが強引に人型に変形可能な機体として完成させた機体。このため獣型への変形機構も残されており、黒いウイングガンダムゼロとの戦いではこの形態で戦闘を行った(デュオ(二代目)は、この形態をフェンリルと呼称している)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 一迅社「新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1090-0)2007年12月1日初版発行、40-45頁参照
  2. ^ a b c メディアワークス「電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW」(ISBN 978-4-04-886314-8) 68-71頁参照
  3. ^ プラモデルキット「1/144 ガンダムデスサイズ」組立説明書参照
  4. ^ a b プラモデルキット「1/100 HG ガンダムデスサイズ」組立説明書参照
  5. ^ MG ウイングガンダム
  6. ^ a b c プラモデルキット「1/100 ガンダムデスサイズヘル」組立説明書参照
  7. ^ シザースとはハサミの意
  8. ^ a b プラモデルキット「1/144 ガンダムデスサイズヘル」組立説明書参照
  9. ^ 講談社「新機動戦記ガンダムW 公式MSカタログ」(ISBN 4-06-103309-3) 1997年4月30日第一刷発行、24-25頁参照
  10. ^ プラモデルキット「1/60 PG ウイングガンダムゼロカスタム」組立説明書参照

関連項目編集