シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)

地理編集

シエラネバダは北部のフレドニア峠から南部のテハチャピ峠まで約650 kmにもおよんでいる。同山脈はカリフォルニア州のセントラルバレーによって西部と、またグレートベースンによって東部と接している。最高峰ホイットニー山であり、標高は4,418 m。

西部開拓編集

ロッキー山脈よりも高いこの山脈はアメリカの西海岸進出への大きな妨げとなっていた。 そのためドナー隊のような悲劇も起きることとなった。

西部開拓時代にもその固い岩盤は大きな障害となり、大陸横断鉄道を建設したセントラルパシフィック社は開発されたばかりで危険なニトログリセリン発破に使用し、多くの犠牲者を出した。

編集

山中にはいくつかのがある。

風景編集

ヨセミテ国立公園など景観のすばらしさで有名。名称はスペインにある景観のよく似た同名の山脈に由来する。

 
Owens Valley and the Sierra Escarpment

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集