シエルブルー鹿屋

シエルブルー鹿屋Ciel Bleu KANOYA)は、自転車ロードレースチームである。 チーム名の由来は「鹿屋の青い空」のフランス語読み(la Ciel Bleu KANOYA)から。

シエルブルー鹿屋
チーム情報
UCIコード CBK
本拠地 日本日本の旗 日本
創設年 2015年
種目 ロードレース・トラックレース
首脳陣
GM 若藤英二
過去のチーム名
2016-
シエルブルー鹿屋

鹿児島県「おおすみ・鹿屋」から世界に通用する選手を輩出することを目的とした国内初のトラックの中長距離種目専門プロサイクリングチームとして、2016年発足。 主にUCIトラック中長距離レースに参戦するほか、地元でジュニア育成や地域活動を通じて自転車競技の普及を行っている。

冠スポンサーを持たず、主に地元を中心とする複数の企業や自治体(鹿屋市)、個人サポーターによるスポンサードで運営されている一方、鹿屋体育大学自転車競技部ともつながりの深いメルセデス・ベンツキャノンデールからチームカーや自転車の供給も受けている。

チーム戦績・沿革編集

2015年

  • 10月 チーム発足、2016年シーズンからの活動準備に入る。

2016年

2017年

  • 1月 塚越さくらが昨年末に入籍したことを発表、出産のため休養に入る。[2]
  • 6月 上野みなみ、全日本ロード・タイムトライアル出場、ともに4位。

2018年

2020年

  • 11月 山本さくら、全日本トラック女子500mTT 優勝。レース後競技からの引退を発表。[5]
  • 12月 ツールドおおすみ会場で行われた記者会見の席上で堀航輝も競輪へ転向のためチームを去ることが明らかにされた。

2021年

  • 1月 上野みなみが競技からの引退を発表[6]。これによりチーム創設時のメンバー全員がチームを去った。

2021年体制発表、これまでのトラック・レースから主戦場をロードレースに舵を切りJBCF(J Proツアー)に参戦することが発表された。 これに伴い、チームメンバーは移籍・育成選手など10名と大幅増強された。[7]

2021年体制編集

選手編集

チームスタッフ編集

代表 若藤英二 メカニック 脇野栄治・家本真寿 マッサー 香月大輔


過去に所属していた主な選手編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集