シクレノンシェリフ[1]日本の元競走馬。主な勝ち鞍は1993年毎日杯

シクレノンシェリフ
欧字表記 Cyclennon Sheriff[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1990年4月21日[1]
死没 (不明)
リアルシャダイ[1]
ダイナシュガー[1]
母の父 ノーザンテースト[1]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[1]
生産 社台ファーム早来[1]
馬主 藤立啓一[1]
調教師 小林稔栗東[1]
競走成績
生涯成績 6戦2勝[1]
獲得賞金 7769万9000円[1]
 
勝ち鞍
GIII 毎日杯 1993年
テンプレートを表示

戦績編集

1993年2月28日阪神競馬場での新馬戦でデビューし、メジロマックイーンの半弟メジロランブールに続く2番人気に推され、レースでは4番手から抜け出して、逃げたメジロランブールを差して3馬身半差をつけて勝ち上がる[2]。2走目の毎日杯では1戦1勝の身ながら1番人気に支持され、後方から進出して最後はエアマジックを頭差抑えて優勝[3]。間に一戦を挟まない形で新馬→重賞と連勝したが、年明けデビューの4歳牡馬でこれを達成したのは史上初めてのことであった[4]皐月賞ではウイニングチケットビワハヤヒデナリタタイシンのいわゆる「3強」に次ぐ4番人気に支持され、勝ったナリタタイシンから0秒3差の4位に入線したが、3位入線のガレオンが8着に降着となったため3着に繰り上がった[5]東京優駿(日本ダービー)でもウイニングチケットら3強とNHK杯勝ちのマイシンザンに次ぐ5番人気に支持されたが、好位追走から後退して14着に終わった[6]

その後、競走馬総合研究所の温泉で長期療養に入り、1994年4月17日阪神の陽春ステークスで戦列に復帰するが8着[7]。再び競走馬総合研究所に療養放牧に出され[7]、2年近くのちの1996年2月の京都競馬場の1500万下特別松籟ステークスで復帰したが、レース中に故障を発生して競走中止、これが最後のレースとなった[8]

引退後は乗用馬となり、静岡県掛川市ヤマハリゾートつま恋などで繋養されていたが[9]、現在の消息は不明。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[10]およびJBISサーチ[8]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番 馬番 オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1993.02.28 阪神 4歳新馬 芝2000m(稍) 10 1 1 03.3(2人) 1着 2:06.7 (49.6) -0.6 松永幹夫 55 (メジロランブール)
0000.03.28 阪神 毎日杯 GIII 芝2000m(稍) 13 3 4 03.0(1人) 1着 2:06.4 (49.1) -0.0 松永幹夫 55 (エアマジック)
0000.04.18 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 1 1 16.8(4人) 3着 2:00.5 (35.6) -0.3 松永幹夫 57 ナリタタイシン
0000.05.30 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 7 13 09.6(5人) 14着 2:28.6 (39.1) -3.1 松永幹夫 57 ウイニングチケット
1994.04.17 阪神 陽春S OP 芝1600m(良) 17 1 1 04.8(1人) 8着 1:34.7 (35.9) -0.7 松永幹夫 55 インターマイウェイ
1996.02.04 京都 松籟S 1500 芝2400m(良) 13 6 8 05.7(4人) 競走中止 松永幹夫 56 サイレントトーキー

血統表編集

シクレノンシェリフ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*リアルシャダイ
Real Shadai
1979 黒鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Desert Vixen
1970 黒鹿毛
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Deset Trial Moslem Chief
Scotch Verdict

ダイナシュガー
1981 鹿毛
*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
サンドラターフ
1974 鹿毛
*ヒッティングアウェー
Hitthing Away
Ambiorix
Striking
*ロイヤルレジナ
Royal Regina
Fleet Nasrullah
Fine Gatch
母系(F-No.) ロイヤルレジナ(USA)系(FN:3-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah 5×5、Lady Angela 5・4(母内) [§ 4]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [12]
  3. ^ [11]
  4. ^ [11][12]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o シクレノンシェリフ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月12日閲覧。
  2. ^ #関西競馬四季報93年秋 p. 522, 1070
  3. ^ #関西競馬四季報93年秋 p. 522
  4. ^ #関西競馬四季報94年春 p. 28
  5. ^ #関西競馬四季報94年春 p. 47
  6. ^ #関西競馬四季報94年春 p. 51
  7. ^ a b #関西競馬四季報94年秋 p. 512
  8. ^ a b シクレノンシェリフ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月12日閲覧。
  9. ^ 清里高原で“第三の馬生”を過ごすアルゼンチンタンゴ(3) 「タンゴ君を支える会」の発足”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2018年2月13日). 2019年12月12日閲覧。
  10. ^ シクレノンシェリフの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年12月12日閲覧。
  11. ^ a b c シクレノンシェリフ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月12日閲覧。
  12. ^ a b c シクレノンシェリフの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年12月12日閲覧。
  13. ^ ダイナシユガー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月12日閲覧。

参考文献編集

  • 「関西競馬四季報 1993秋季号」『競馬ブック』第14巻第3号、ケイバブック。
  • 「関西競馬四季報 1994春季号」『競馬ブック』第15巻第1号、ケイバブック。
  • 「関西競馬四季報 1994秋季号」『競馬ブック』第15巻第3号、ケイバブック。

外部リンク編集