メインメニューを開く

シトラスパーク瀬戸田(シトラスパークせとだ、: CITRUS PARK SETODA)は、広島県尾道市(旧豊田郡瀬戸田町)の、生口島にある公園。

シトラスパーク瀬戸田
施設情報
事業主体 尾道市
開園 1998年
所在地 722-2403
広島県尾道市瀬戸田町荻4985
位置 北緯34度15分50.89秒 東経133度5分30.87秒 / 北緯34.2641361度 東経133.0919083度 / 34.2641361; 133.0919083座標: 北緯34度15分50.89秒 東経133度5分30.87秒 / 北緯34.2641361度 東経133.0919083度 / 34.2641361; 133.0919083
テンプレートを表示

2016年現在休園中。柑橘類を中心とした農業公園テーマパークとして開場、現在は健康をテーマとした公園としてリニューアル工事を進めている[1]。敷地面積約12ha(2015年現在[1])。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)生口島南ICの北側斜面に立地する。

目次

概要編集

そもそもの発端は、向島因島と共にこの地域の主要産業で不況を受けやすい造船業に代わる新たな産業として観光業に着目し、広島県により考えだされた「園芸ベルト構想」から始まる[2]。この構想時点でしまなみ海道(生口島道路)は開通前で、向島に洋ランセンター因島にフラワーセンターが開園し[2]、そして1991年生口橋完成により本州から生口島まで繋がることになった。つまり、県による園芸ベルト構想最後の施設として、そして瀬戸田町による観光振興事業および農業活性化、更にしまなみ海道整備の関連事業として、1998年3月日本初の柑橘類テーマパーク「シトラスパーク瀬戸田」が開園した[1][2][3][4]。当初運営は県・町そして内海造船第三セクターである(株)シトラスパークによるものであった[1][4]

翌1999年しまなみ海道が繋がったことから、島は観光ブームに湧き、シトラスパークもこの年に年間最大で約52万人が訪れている[1][2][5]。当時は有料であり、中心施設であるシトラスパビリオンなどに約500種の柑橘類を収集、瀬戸内海の遠景を楽しめる施設であった[3][4]。2001年かおり風景100選に選ばれている[1]

ただ一過性のしまなみ観光バブルが弾けると来園者数も減ったことから2003年(株)シトラスパークは経営に行き詰まり解散、2004年から瀬戸田町運営の無料施設となった[3][2]。そして市町村合併のより2006年から尾道市が運営することになり、こうした中で年間入園数は2014年度時点で約5万人までに減り、さらに施設の維持管理の問題から、市は休廃園を考えていた[2][1][3]。そこへしまなみ海道で徐々に興るサイクリングブームの中で、市はここを「健康」をテーマとした公園としてリニューアルすることを決め、それに合わせ県が保有する敷地部分を市に無償譲渡されることになった[1]

施設編集

2016年現在で園内詳細は不明。健康をテーマとした観光公園で、シトラスパーク時代の施設を再利用するとしている。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 尾道市の「シトラスパーク瀬戸田」、健康テーマに新装へ 広島”. 産経新聞 (2015年1月9日). 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 瀬戸田シトラスパークリニューアル 観光公園へ”. せとうちタイムズ (2015年1月10日). 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ a b c d シトラスパーク瀬戸田 休園へ、リニューアルに向け解体”. 広島ニュース 食べタインジャー (2015年12月11日). 2016年2月5日閲覧。
  4. ^ a b c シトラスパーク瀬戸田”. シトラスパーク瀬戸田 (2015年12月11日). 2016年2月5日閲覧。
  5. ^ しまなみ海道全通後の不安 さめた架橋ムードに恨み節”. せとうちタイムズ (2006年3月12日). 2016年2月5日閲覧。

参考資料編集

外部リンク編集