メインメニューを開く

シネマボックス太陽(シネマボックスたいよう)は、長崎県佐世保市島地町にある、シネマ太陽ビル2内に所在する・シネマコンプレックス映画館。2019年現在、佐世保市内に唯一存在する映画館である[1]

シネマボックス太陽
Cinema Box Taiyo
外観(2015年2月)
情報
正式名称 シネマボックス太陽
旧名称 スバル座、太陽劇場
開館 1986年
客席数 (7館合計)921人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX
用途 映画上映
運営 有限会社スバル興業
所在地 857-0879
長崎県佐世保市島地町1-17
シネマ太陽ビル2
位置 北緯33度10分8.5秒 東経129度43分17.6秒 / 北緯33.169028度 東経129.721556度 / 33.169028; 129.721556座標: 北緯33度10分8.5秒 東経129度43分17.6秒 / 北緯33.169028度 東経129.721556度 / 33.169028; 129.721556
アクセス 佐世保中央駅より徒歩5分
外部リンク http://www.cinema-taiyo.co.jp/

概要編集

有限会社スバル興業[2]が経営・運営している映画館。1955年に名画座「スバル座」として開業。その後ロードショー館「太陽劇場」を新設し2館体制となる。1986年に改築されリニューアルオープン。当初は4スクリーン(そのうち1館は松竹の封切館)だったが、現在は7スクリーン・921席あり、現時点で3D上映に対応している。

映画館としては珍しく、自衛官割引やアメリカ海兵隊員割引などのサービスも行っている。

各スクリーン編集

  • シネマ1:150席
  • シネマ2:100席
  • シネマ3:300席
  • シネマ4:300席
  • シネマ5:60席
  • シネマ6:60席
  • シネマ7:60席

訪れた著名人編集

脚注編集

  1. ^ 2005年1月31日に佐世保東宝ピカデリ、2011年9月30日に佐世保エクラン東宝が閉館したため。
  2. ^ 東京都にある同名の映画興行会社とは無関係。
  3. ^ 映画「時をかける少女」公開記念! 仲里依紗、故郷長崎での舞台挨拶に大感激!”. スタイルジャム. PR TIMES (2010年3月20日). 2014年1月10日閲覧。
  4. ^ 映画「ペコロスの母」、長崎4館で公開 - 主題歌「霞道」配信へ”. 長崎経済新聞 (2013年11月11日). 2014年1月10日閲覧。

外部リンク編集