シボレー・オーランド

オーランド (ORLANDO)は、GMが製造、シボレーブランドで販売している自動車である。

コンセプトモデル (2008-2009年)編集

2008年モンディアル・ド・ロトモビル2009年北米国際オートショーでコンセプトモデルとして発表された。

初代 (2011–2018年)編集

オーランド
製造国   韓国
  ベトナム
  ロシア
  ベネズエラ
  ウズベキスタン
乗車定員 5/7名
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン ガソリン:1.4/1.8/2.4L I4
ディーゼル:1.6/2.0L I4
駆動方式 FF
変速機 5/6MT
6AT
全長 4,650mm
全幅 1,835mm
全高 1,635mm
ホイールベース 2,760mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2010年のモンディアル・ド・ロトモビルで量産型が発表された。生産は同年10月からスタートされ、同年末~2011年初頭より欧州全域を皮切りに順次、発売。韓国市場においても韓国GMを介して2011年3月より発売が開始された(韓国語:「쉐보레 올란도」。読み的には「スェボレ オㇽランド」)。
また、2012年12月13日よりマレーシアにおいてもナザの傘下、ナザ・クエストから同名で発売を開始。1.8Lのみで、韓国からの輸入となる[1]

2013年登場の2014モデルにおいては、ドアミラー内蔵のターンレンズが採用され、新色と18インチアルミホイールも設定された。

2018年、韓国においてキャプティバとともに廃止され、両車の統合後継車として、エクイノックスが投入されることとなった。

メカニズム編集

クルーズプラットフォームをベースとし、141PSの1.8L ガソリンエンジンもしくは出力特性の異なる2種の2.0Lディーゼルエンジン(131PS、163PS)、140PSの2.0L LPGを搭載。なお韓国仕様については163PSのディーゼルと(韓国国内において税制面で有利な)2.0LのLPGのみを設定している。

ルーフラインを低く設計しながらも、後席に行くにしたがって座面が高くなる3列シートレイアウトを採用したことで、リヤシートに人が乗車しても視界を十分に確保している。また多彩なシートアレンジを可能としたことで、沢山の荷物をすっぽり収めることも可能としている。

インテリアには多くの収納スペースが用意されており、センターコンソールやドアトリム、リアカーゴエリアのみならず、ルーフにも用意。オーディオ裏面にも収納エリアが設けられ、運転席からも助手席からも手が届くようになっている。


2代目 (2018-年)編集

オーランド
フロント
リア
製造国   中華人民共和国
乗車定員 5/7名
ボディタイプ 5ドアミニバン
エンジン 1.4L I3
駆動方式 FF
変速機 6MT/AT
全長 4,685mm
全幅 1,805mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,795mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2018年、販売を開始した。製造は上海GMが担当する。


脚注編集

  1. ^ シボレー オーランド 発表、月間販売200台見込む マレーシアカービュー2012年12月16日

関連項目編集

外部リンク編集

CHEVROLET ORLANDO - 韓国GM公式サイト