シャルル・ラフォンティーヌ

フランスの興行師
シャルル・ラフォンティーヌ

シャルル・ラフォンティーヌ: Charles Lafontaine1803年 - 1892年)は、フランス興行師。初期の動物磁気術師(催眠術[1])。

彼は、1803年に、フランスのヴァンドームで生まれた。彼は俳優としては失敗したが、知られている通り、巡業の催眠術師または動物磁気術師として裕福な生涯を送った。最終的にはスイスジュネーヴに住み、"Le magnétiseur"(磁気術師)という雑誌を出版した。

彼はまた、自叙伝[2]を書き残した。それによると、彼の行くところすべてで、磁気術をもって多くの患者を治療し、盲目聾唖麻痺などを治療したという。レンヌではある女性を磁気化して観衆の前で見事な演技をさせることに成功し、またその女性は覚醒後、演技の記憶を一切失っていたという[3]。この逸話は、ジョージ・デュ・モーリアの小説「トリルビー」に影響を与えた。作品に登場する催眠術師"スヴェンガーリ"はラフォンティーヌがモデルである。

ラフォンティーヌは、1840年から1841年の二年間、イギリスに渡りロンドンに滞在した。ロンドンの新聞や雑誌によると、そこで彼は、ロンドン動物園にいるライオンに磁気術を施したことで大評判を得たという[4] 。動物への磁気術(の見世物)が成功したことによって、彼はイギリス各都市への巡業を繰り返した。彼は常に、観衆の中から一人を舞台に呼び出し磁気術を施すパフォーマンスを行い、その名声はさらに大きくなっていった[2][5]

ラフォンティーヌのマンチェスターにおける動物磁気の舞台興行は、スコットランド外科医ジェイムズ・ブレイドに影響を与え、ブレイドが後年「催眠」の研究を始めるきっかけとなった(ブレイドの催眠は、ラフォンティーヌの動物磁気術とは異なることに注意)。ブレイドがマンチェスターでラフォンティーヌの興行を初めて見たのは、1841年の11月13日である[6]

脚注編集

  1. ^ 彼の時代、催眠は未だ発見されておらず、その現象が動物磁気やメスメリズムと呼ばれていた。詳細はフランツ・メスメルを参照。
  2. ^ a b Charles Lafontaine "Mémoires d'un magnétiseur"「磁気術師の覚書」1886年刊
  3. ^ アンリ・エレンベルガー『無意識の発見・力動精神医学発達史』(1970年)木村敏・中井久夫訳:弘文堂刊 上p.184-185
  4. ^ Richard Harte - Hypnotism and the doctors- 1902
  5. ^ それ以前は、予め興行師が"磁気化"しやすいモデルを準備しておくのが常だった。
  6. ^ L.B.Yeates(2013)の論文を閲覧。 [1]

関連項目編集