メインメニューを開く

シャーマンキング0-ZERO-』(シャーマンキングゼロ)は、武井宏之による日本漫画。『ジャンプ改』(集英社)にて、2011年11月から連載された読切連作[1]。同社の『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『シャーマンキング』に登場するキャラクターの前日譚。麻倉葉、蓮、ホロホロ、リゼルグ、ハオなどが、シャーマンファイトに参加する前のエピソードが描かれている。

登場人物編集

エピソード編集

各エピソード名は映画タイトルから捩っている。

単行本1巻収録

EPISODE-YOH 「ニュー・シマネ・パラダイス」
麻倉葉の小学〇年生のときのエピソード(1995年)。出雲大社前駅に憑りついた地縛霊"スズ(16)"との出会いから起こる、麻倉葉の心情変化が描かれる。
登場キャラクターは、麻倉葉、麻倉葉明(葉の祖父)、麻倉茎子(葉の母)、スズ(地縛霊)、“島根のジョー”こと島村丈太郎(幽霊)、ドクガムシなど。
EPISODE-REN 「TEARS OF THE REN」
道蓮(タオレン)の9歳のときのエピソード(1995年)。EPISODE-YOHで登場した"島根のジョー"は、道珍(タオチン)に殺され、屍(キョンシー)にされていた。
登場キャラクターは、道蓮、道珍、“島根のジョー”こと島村丈太郎。
EPISODE-HOROHORO 「たんす WITH WOLVES」
ホロホロの小学5年生のときのエピソード(1995年)。ダム子との思い出と後悔が描かれる。
登場キャラクターは、ホロホロ、ダム子(黒部民子)、ピリカ(ホロホロの妹)、碓氷リカン(ホロホロの父)。
EPISODE-LYSERG 「A LITTLE WICKER MAN」
リゼルグの過去を描いたエピソード。
EPISODE-HAO 「摩多川アンダーザブリッジ」
EPISODE-CHOCOLOVE 「GAG OF NEW YORK」
人気投票で5人の戦士の中でダントツのビリであった事からチョコラブではなく、ビッグガイ・ビルとハオの手下達のエピソードが描かれた。

単行本2巻収録

EPISODE-HAO 「麻葉童子II 〜前編、後編〜」
ハオのエピソード。981年平安京が舞台。かつて麻葉童子(まっぱどうじ)と呼ばれていたハオが、陰陽師忠具の暴走により生まれた人間式神大太郎法師を倒し、大陰陽師麻倉葉王(あさくらはお)となるまでの物語。
登場キャラクターは、陰陽師羽茂忠具はものただとも)、その一番弟子大太郎(だいたろう)、陰陽師山田道茉(やまだどうま)、帝。
EPISODE-YOHSUKE 「ヤハべえ」
鴨川羊介とヤハべえのエピソード。羊介が唯一の取柄だと思っていたトレーディングカードゲームの大会で一回戦敗退をし、自殺をしようと考えていたときにヤハべえとあい、色々な事件に巻き込まれていく。
EPISODE-SATI 「カドゥ 踊るマハラジャ 〜前編、中編、後編〜」
西岸サチの13才のときのエピソード。ひょんなことからマハラジャ・カドゥの妻にさせられそうになる、というお話。
登場キャラクターは、西岸サチ(さいがんサチ、ミロク)、ジゾウ、センジュ、バトウ、ショウ、セイシ、ジュウイチメン、ニョイリン、コクウ、フクウ、アシュラ、カドゥ、サティ、コメリ。
EPISODE-IRON MAIDEN JEANNE 「船上のメリークリスマス」
メイデン及びX-LAWSのメンバー達のエピソード。

制作スタッフ編集

  • 武井宏之
  • BOB
  • かとうだいご
  • 小山潤
  • 浦上ユウ
  • 一村昌樹
  • イチノセコウタ
  • 野中絵里
  • 尾崎瑛美
  • 稲葉晋之

書誌情報編集

出典編集