メインメニューを開く

シュタール・ウント・ドラートヴェルク・レスラウ

シュタール・ウント・ドラートヴェルク・レスラウ: Stahl- und Drahtwerk Röslauレスラウ鉄鋼・製線工場GmbHは、ドイツバイエルン州レスラウにある鋼鉄線の製造業者である。1882年プロイセン王国ヴェストファーレン州英語版ホーエンリンブルク英語版でボンガルト(Bongardt)兄弟によって創業された[1]レスラウ・シュタールドラート(Röslau Stahldraht、レスラウ鋼線)の商標でも知られる。製品にはピアノ線(ピアノ)がある。日本ではレスローとも呼ばれる。

出典編集

  1. ^ ドイツピアノ協会. “ピアノという楽器 - 歴史 - 19世紀”. 2018年8月15日閲覧。

外部リンク編集