メインメニューを開く

シュド・ウエストSociété Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Ouest:南西航空機製造公社、 略称 SNCASO)は、かつてフランスに存在した航空機メーカーである。

第二次世界大戦の直前、1936年にフランス政府が民間の航空機製造会社を国営化し、統合して6つの地域公社に再編した際に設立された国営企業で、シュド・ウエストはリオレ・エ・オリビエロシュフォール工場、ブレリオ英語版マルセル・ブロックSASO (Société Aéronautique du Sud-Ouest)、UCA (Usine de Construction Aéronautique)、SAB(Société Aérienne Bordelaise)英語版を統合したものである。また、デオル英語版に新たに工場を新設した。

1940年には、同時に設立された別の国営公社SNCAO (Société nationale des constructions aéronautiques de l'ouest:西部航空機製造公社) を吸収統合した。

進取の気風に富んでおり、フランスで最初のジェット機であるシュドウェスト SO.6000 トライトン翼端噴流式ヘリコプターであるシュド・ウエスト SO.1221の開発を手がけた。

1957年3月に別の国営公社シュド・エスト(Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Sud Est:南東航空機製造公社、略称 SNCASE)と合併して、シュド・アビアシオンになり、1960年よりシュド・アビアシオンは超音速旅客機のシュペル・カラベルの設計を始めたが、開発コストが巨大になるため、イギリスのBACと1962年の11月コンソーシアムをつくり、超音速旅客機「コンコルド」開発を開始した。

シュド・アビアシオンはノール・アビアシオン(Nord-Aviation:北方航空事業)と1970年に合併し、アエロスパシアルになった。さらに国際的なコンソーシアムのエアバスブリティッシュ・エアロスペース、DASAと作り、最終的には2000年7月10日にドイツのDASAとスペインのCASAと合併して共同会社EADSとなった。EADSはエアバスの親会社である。

機体リスト編集

関連項目編集