シュヴァリエ・ポール (大型駆逐艦)

シュヴァリエ・ポール (Chevalier Paul) はフランス海軍大型駆逐艦ヴォークラン級

艦歴 編集

1931年2月28日起工[1]。1932年3月21日進水[1]。1934年7月20日就役[1]

第5駆逐隊に所属して1940年はノルウェー作戦に参加し、その後6月14日には重巡洋艦「アルジェリー」、「フォッシュ」等と共にイタリアヴァード・リーグレサヴォーナ砲撃に参加した(ヴァード作戦)。

1941年6月、イギリス軍はフランス領シリアへの侵攻を開始(エクスポーター作戦)。6月11日、5.45インチ砲の弾薬を積んだ「シュヴァリエ・ポール」はトゥーロンを出港し[2]シリアへ向かった。たが、この動きはイギリス側に知られており6月15日18時15分に偵察機により発見される[3]。それを受けてキプロスからソードフィッシュ雷撃機6機が発進し6月16日3時にシュヴァリエ・ポールを発見[3]。「シュヴァリエ・ポール」はソードフィッシュ1機を撃墜するも被雷し[3]、6時45分に沈没した[4]。生存者は駆逐艦「ゲパール」と「ヴァルミ」によって救助された[4]

脚注 編集

  1. ^ a b c 第二次大戦駆逐艦総覧、41ページ
  2. ^ The Royal Navy's Revenge and Other Little-Known Encounters of the War at Sea、位置1585/2278
  3. ^ a b c The Royal Navy's Revenge and Other Little-Known Encounters of the War at Sea、位置1590/2278
  4. ^ a b The Royal Navy's Revenge and Other Little-Known Encounters of the War at Sea、位置1598/2278

参考文献 編集

  • M.J.ホイットレー、『第二次大戦駆逐艦総覧』、岩重多四郎 訳、大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0
  • Vincent P. O'Hara, The Royal Navy's Revenge and Other Little-Known Encounters of the War at Sea, Nimble Books, 2013 (Kindle版)