シュヴルーズ

フランスのイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県のコミューン

シュヴルーズ (Chevreuse)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン。2007年の花のまちコンクールで2つ花を獲得している[1]

Chevreuse
Blason ville fr Chevreuse (Yvelines).svg
Chevreuse P1050007.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) ランブイエ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78160
郵便番号 78460
市長任期 クロード・ジェノ
2008年-2014年
人口動態
人口 5 713人
2008年
人口密度 426人/km2
住民の呼称 Chevrotins
地理
座標 北緯48度42分30秒 東経2度02分21秒 / 北緯48.7083333333度 東経2.03916666667度 / 48.7083333333; 2.03916666667座標: 北緯48度42分30秒 東経2度02分21秒 / 北緯48.7083333333度 東経2.03916666667度 / 48.7083333333; 2.03916666667
標高 最低:72 m
最高:174 m
面積 13.42km2
Chevreuseの位置(フランス内)
Chevreuse
Chevreuse
公式サイト Chevreuse.fr
テンプレートを表示

地理編集

シュヴルーズはエソンヌ県と接しており、シュヴルーズの谷の中にある。ロドン川と合流する前のイヴェット川のほとりにあり、パリの南西28kmの地点にある。コミューンの領域はオート・ヴァレ・ド・シュヴルーズ地域圏自然公園に含まれている。この地域圏自然公園には51のコミューンが含まれており、シュヴルーズはその中心地である。シュヴルーズはパリ西方のパリ都市圏に含まれる谷の最後のコミューンである。

谷の底の部分にシュヴルーズの中心部があり、まちの北側にラ・マドレーヌ城がたつ。イヴェット川がコミューンの西から東へ流れる。

交通編集

歴史編集

 
イヴェット川沿いの歩道
 
ラ・マドレーヌ城

シュヴルーズの名は「ヤギの国」(pays de chèvres)やde chevreuilsを想起させる。村は980年に初めて教皇勅書の中で記述され、Cavrosaと記された。

ラ・マドレーヌ城はかつてパリの防衛を司る城群の1つであった。

10世紀、シュヴルーズ領主はルイ肥満王モンフォール=ラモーリー伯に対する戦争を支持した。11世紀、シュヴルーズ領主ギィ1世が村を見下ろす場所に城の建設を始めた。これがラ・マドレーヌ城である。1030年から1090年にかけて建設されたダンジョンは疑い無くギィ1世の命令によるもので、当時は木製の柵に囲まれていた。1146年前後、12世紀には城壁があった。村は拡張した。カーテンの工房や皮なめしの工房はこの頃からのものである。村は城壁で囲まれていた。

フィリップ4世時代の1304年、シュヴルーズ領主は、フランドルのモンスの戦いにおいて王の旗持ちを務めていた。1306年と1308年にフィリップ4世はシュヴルーズに滞在している。

1414年、ブルゴーニュ公がシュヴルーズを占領した。しかし1417年にタンギィ・ド・シャステルがブルゴーニュ軍を追い出し、略奪を行った。ブルゴーニュ公も滞在した城は、パリ入城時のイングランド王ヘンリー4世軍がのちに使用した。シュヴルーズのまちは領主から一定の自治を獲得していた。

百年戦争中のシュヴルーズは1438年までイングランドの支配下にあった。

フランソワ1世の愛妾アンヌ・ド・ピスルー・デイリーの夫、ジャン4世・ド・ブロスが、1545年にシュヴルーズ領主となり、シュヴルーズ公とされた。

1555年、ダンピエールとシュヴルーズをロレーヌ枢機卿が購入した。ダンピエールはシュヴルーズ公の居住地となった。1627年にシュヴルーズ公位は領地の変更なしに称号貴族の爵位となった。1693年、ルイ太陽王がヴェルサイユ庭園を拡張するためシュヴルーズ荘園を獲得したが、最終的にはサン=シールの貴族女性学校に荘園の一部を与えた。一帯はフランス革命までサン=シールのものだった。

現在ラ・マドレーヌ城の一部が復元されている。シュヴルーズは現在主として住宅地となっている。

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
2744 3409 4186 4811 5027 5360 5693

参照元:1962年までEHESS[2]、1968年以降INSEE[3][4]

姉妹都市編集

脚注編集