メインメニューを開く

ショコラ ~君がいて、僕がいる~』(ショコラ きみがいてぼくがいる、Chocolat)は、2016年フランス伝記映画。 監督は俳優のロシュディ・ゼム、出演はオマール・シージェームス・ティエレ英語版など。 20世紀初頭のパリを舞台に、フランスで最初の黒人芸人ショコラフランス語版と相方の白人芸人フティットフランス語版の実話を描いている。

ショコラ
~君がいて、僕がいる~
Chocolat
監督 ロシュディ・ゼム
脚本 シリル・ジェリーフランス語版
ロシュディ・ゼム
原案 ジェラール・ノワリエルフランス語版
製作 エリック・アルトメイヤーフランス語版
ニコラス・アルトメイヤーフランス語版
出演者 オマール・シー
ジェームス・ティエレ英語版
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 トマ・レテリエ
編集 モニカ・コールマン
製作会社 マンダリン・シネマフランス語版
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 東北新社STAR CHANNEL MOVIES
公開 フランスの旗 2016年2月3日
日本の旗 2017年1月21日
上映時間 119分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

20世紀が目前に迫った頃、フランス北部のサーカス団に落ち目の道化師フティットが職を求めてやって来た。
そこでフティットは、人食い人種を演じる黒人芸人のカナンガに興味を持つ。

フティットはカナンガ改めショコラと道化師コンビを組み、世界初の白人と黒人のコンビとして大盛況を博す。

やがてパリのサーカスからも声がかかり、「フティット&ショコラ」は名門サーカスでNo.1芸人となる。しかし、ショコラに心無い人種差別の壁が立ちはだかる。

キャスト編集

ラファエル・パディリャ/カナンガ/ショコラフランス語版
演 - オマール・シー、日本語吹替 - 杉村憲司[1]
貧乏サーカス「デルヴォー一座」にて人食い人種を演じる黒人男性。
フティットから道化師の相方として誘われ、一躍人気芸人となる。
ジョルジュ・フティットフランス語版
演 - ジェームス・ティエレ英語版、日本語吹替 - 三上哲[1]
かつて人気道化師として一世を風靡した白人男性。
世間の流れから取り残されていた折にショコラと出会い、道化師コンビを組む。
マリー・グリマルディ
演 - クロティルド・エスム、日本語吹替 - 林真里花[1]
パリで看護師として働く女性。病院での「フティット&ショコラ」の慰問を通じてショコラと親しくなり、次第に惹かれあっていく。
カミーユ
演 - アリス・ドゥ・ランクザン
デルヴォー一座の若い座員。
デルヴォー夫人
演 - ノエミ・ルヴォヴスキ
デルヴォー氏
演 - フレデリック・ピエロフランス語版
ジョゼフ・オレールフランス語版
演 - オリヴィエ・グルメ、日本語吹替 - 仲野裕[1]
パリの名門サーカス「ヌーヴォー・シルクフランス語版」の座長。
デルヴォー一座でフティットとショコラをスカウトし、パリへ連れてくる。時間に厳しい。
フィルマン・ジェミエフランス語版
演 - オリヴィエ・ラブルダン
テアトル・アントワーヌフランス語版のディレクター。

出典編集

  1. ^ a b c d ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜”. 2017年6月29日閲覧。

外部リンク編集