シラビソの花』(シラビソのはな)は、原作:荒仁、作画:神田たけ志による日本時代劇漫画。『漫画ゴラクネクスター』(日本文芸社)で連載された。全8話。

あらすじ編集

天保元年9月、江戸両国の町にある雨降り長屋に、若い夫婦が引っ越してくる。2人の名は、片桐伊織と雪乃。伊織は藩の重役の妻となった幼馴染の雪乃を連れて脱藩したため、女敵討として追われる身であった。

登場人物編集

片桐 伊織
18歳。信州海道藩の軽輩の武士の四男。幼馴染の雪乃に惚れていたが、家を継ぐことも嫁をとることもできない為、彼女が他家に嫁に行くのを止めることもかなわなかった。しかし、雪乃が夫となった永井に斬られそうになったため、逆に永井を斬り雪乃を連れて逃げることを決意する。無住心剣流の遣い手で、腕は達者。
雪乃
20歳。伊織の幼馴染。藩の重役である永井の妻となったが、幼い時に伊織と交した結婚の約束を守るため、2人で江戸へ逃げる。
渡辺 源之輔
父の代からの浪人。古柔術鏡新明智流の達人。伊織と同じ長屋に住み、口入屋からの仕事で糊口をしのぐ。4人の子持ち。
小夜
源之輔の妻。元は大店の娘。
片桐 一馬
伊織と雪乃の間に生まれた子供。

海道藩の人物編集

片桐 宗親
伊織の兄。脱藩した伊織を追って江戸に来る。伊織と立ち会って斬られた後、肥後国・延寿の無銘の刀を伊織に贈って息絶える。
いね
宗親の妻。
永井 秀勝
海道藩の奥右筆筆頭。雪乃の夫。自分の左腕を斬り落とし雪乃を連れて逃げた伊織を憎み、追手を差し向ける。
斉藤 頼永
伊織の剣の師匠。藩の剣術指南役であった。流行り病に倒れた子供のために借金して以来、永井の言いなりに働くこととなる。

その他編集

小林 平三
父の敵を追って江戸に来た浪人。自分の腕では敵わないと思い仇討ちを諦めて、古本屋をして暮らしていた。
檜原 史郎(ひのはら しろう)
平三の父の仇。同僚だった平三の父を酒の席で惨殺した。出奔した後、江戸でヤクザ者の用心棒をしていた。
近江屋門左衛門
芝居小屋・近江屋の座頭。脚本も手がけている。
千佳
近江屋の一人娘。
佐吉
近江屋の番頭。

各話サブタイトル編集

第一話 「泣き虫」
第二話 「浪人・渡辺源之輔」
第三話 「敵は身の内」
第四話 「狐の正体」
第五話 「仇討ち指南」
第六話 「虚実皮膜の如し」
第七話 「望郷」
最終話 「生と死の旅立ち」

単行本編集

関連項目編集