メインメニューを開く

脱藩(だっぱん)は、江戸時代武士(藩士)が(国や領地など)を脱出(勝手にやめる)して浪人になること。

解説編集

戦国時代では、主君を変える行為は一般的に発生していたが、江戸時代に入ると、臣下の身で主を見限るものとして、許されない風潮が高まり、追手が放たれることもあった。これは、脱藩者を通じて軍事機密や御家騒動などが表沙汰になり、藩(藩主:大名)にとっては致命的な改易が頻繁に生じたことも一因であった。

しかし、江戸時代中期以降、泰平の時代に入ると軍事機密の意味はなくなり、慢性的な財政難のため、家臣が禄を離れることは枢要な人物でない限り事実上自由になっていた。もっとも、その場合にも法的な手続をとることが要件となっており、これに反して無断で脱藩した場合には欠落の罪として扱われて、家名は断絶・闕所、本人が捕らえられれば場合によっては死刑にされた。

幕末には尊王攘夷運動が高揚し、自由に行動するため他家への仕官を前提としない脱藩を行い、江戸京都など政治的中心地において諸藩の同志と交流し、志を遂げようとする志士が増えた。藩の側も脱藩を黙認することが多かった。著名な脱藩者には長州藩士の吉田寅次郎(松陰)・高杉晋作土佐藩士の坂本龍馬中岡慎太郎などが挙げられる。処罰が甘い長州藩では高杉晋作のような脱藩の常習犯もおり、その脱藩回数は5回とも6回とも言われる。このような脱藩志士達が立ち上がったことが、後に明治維新に繋がることになった。ただし、当時は藩という名称がなかったわけで、脱藩という言葉は明治以降の言葉である。

派生編集

現代では、日本の政界に於いて政治家国会議員)が所属政党や派閥を離脱することを『脱藩』と言う場合もある[1]

脚注編集

関連項目編集