シロギニアヤム(Kokoro、Dioscorea rotundataヤムの一種で、ナイジェリア西部やベナントーゴに豊富に分布する。

シロギニアヤム
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉植物 monocots
: ヤマノイモ目 Dioscoreales
: ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
: ヤマノイモ属 Dioscorea
学名
Dioscorea rotundata
和名
シロギニアヤム
英名
Kokoro

ヨルバ人などの耕地を圧迫する民族により広く栽培されていること、荒廃した土壌で唯一収量の良いヤムイモであることから、古代から栽培されてきたと考えられている。[1] 現代では、ヤムチップスの取引が拡大していることから、シロギニアヤムの重要性が高まっている。 [2] また、シロギニアヤムは、皮をむいて乾燥させたヤムを作るのに欠かせないものとなっている。 [3]

出典編集

  1. ^ Roland Dumont; Alexandre Dansi (2006). Biodiversity and Domestication of Yams in West Africa: Traditional Practices Leading to Dioscorea Rotundata Poir. Editions Quae. p. 55. ISBN 978-2-87614-632-7 
  2. ^ R. DUMONT1, P. VERNIER2 (February 24–28, 1997). “DOMESTICATION OF YAMS (D. cayenensis-D. rotundata) WITHIN THE BARIBA ETHNIC GROUP IN BENIN”. Outlook on Agriculture. 2003年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月9日閲覧。
  3. ^ A. Zannou1, A. Ahanchédé1, P.C. Struik, P. Richards, J. Zoundjihékpon, R. Tossou and S. Vodouhè. “Yam and cowpea diversity management by farmers in the Guinea-Sudan transition zone of Benin”. NJAS wageningen journal of life sciences. 2009年11月9日閲覧。