メインメニューを開く

シンヒカーは、インド神話に登場する女性である。主に、

の二人が知られている。以下に説明する。

ダクシャの娘編集

このシンヒカーはダクシャの娘の1人で、カシュヤパ仙の妻[1][2]。魔神ラーフの母[3]。しかしダイティヤ族の1員であるともいわれ、その場合シンヒカーはディティとカシュヤパの娘でヒラニヤークシャヒラニヤカシプ[4]マルト神群と兄妹で[5]ダーナヴァ族のヴィプラチッティとの間にラーフを生んだとされる[4][3]

羅刹女編集

このシンヒカー叙事詩ラーマーヤナ』に登場する羅刹女(ラークシャシー)。普段はランカー島沖の海中に潜んでいるが、海面に写る影を見て海中から現れて獲物を捕らえるという[6]ハヌマーンが海を跳躍し、ランカー島に潜入しようとしたとき、海から姿を現して、天にも届くような巨大な口でハヌマーンを喰らおうとした。そこでハヌマーンはシンヒカーの口から体内に入り込み、心臓を切り裂いて倒した[6][1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b インド神話伝説辞典』p.185。(シンヒカー)
  2. ^ インド神話伝説辞典』p.105。(カシュヤパ)
  3. ^ a b インド神話伝説辞典』p.340。(ラーフ)
  4. ^ a b バーガヴァタ・プラーナ』6巻18章13。
  5. ^ バーガヴァタ・プラーナ』6巻18章19。
  6. ^ a b ラーマーヤナ』第5巻1章。

参考文献編集

  • ヴァールミーキラーマーヤナ阿部知二訳、河出書房、1966年。
  • 『バーガヴァタ・プラーナ 全訳 中 クリシュナ神の物語』美莉亜訳、星雲社・ブイツーソリューション、2009年5月。ISBN 978-4434111976
  • 『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年3月。ISBN 978-4-490-10191-1