メインメニューを開く

シーグル・エアー(Seagle Air)はかつてスロバキアトレンチーン市に本社を置き、ブラチスラヴァ空港を拠点としていた航空会社地中海周辺諸国方面を中心にチャーター便を運航していたが、2009年に事業停止し、2010年1月に破産宣告を受け倒産した。

シーグル・エアー株式会社
Seagle Air, a.s.
Boeing 737-33A OM-HLB Seagle air.jpg
IATA
SJ
ICAO
CGL
コールサイン
SEAGLE
設立 1995年
ハブ空港 ブラチスラヴァ空港
プラハ・ルズィニエ国際空港
保有機材数 6機(事業停止時)
本拠地 スロバキアトレンチーン市
代表者 ペテル・ハナーク(CEO)
テンプレートを表示

概要編集

 
スロバキア初のエアバスA320となったシーグル・エアー機

トレンチーン市の航空学校として1995年に設立された。まもなく航空事業も開始し、チェコ・LET社の双発機L-410(旅客定員19人または貨物重量1.5トン)による貨物チャーター便やチェコ郵便国有会社の航空郵便輸送を行った。

2007年スロバキア航空の経営破綻にともない、同社の従業員の8割を承継。新たにボーイング737-300を購入し、ブラチスラヴァ空港発着のチャーター便運航を開始。のち同型機を増備し、コシツェ空港とチェコ国内のプラハ、ブルノ、パルドゥビツェ発着チャーター便の運航も始めた。また同年4月にはスロバキアの航空会社として初めてエアバスA320-200を導入した。

2008年12月31日、国に支払う従業員の社会保険料23万ユーロが滞納状態となっていることが発覚。滞納額は2009年3月に33万3000ユーロに達した。社会保険料の滞納は同年6月に解消したものの、10月23日、資金繰りが悪化し事業を停止した。2010年1月に破産宣告を受け、運輸郵政通信省は同年4月に航空会社免許を取り消した。

創業以来の航空学校部門はトレンチーン空港を拠点とし、オーストリア・ダイアモンド航空機産業製小型機のDA20、DA40ダイアモンド・スター、DA42ツイン・スターを用いて操縦士養成を行った。シーグル・エアー破綻後もシーグル・エアー・FTOとして事業を継続している。

保有機材編集

2009年10月の事業停止時には6機が在籍していた。

このほか航空学校部門の7機がシーグル・エアー・FTOに引き継がれている。

  • ダイアモンドDA20 - 5機
  • ダイアモンドDA40ダイアモンド・スター - 1機
  • ダイアモンドDA42ツインスター - 1機

関連項目編集