ジェイ・シルベスター

ジェイ・シルベスター(Jay Silvester、1937年8月27日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。男子円盤投の元世界記録保持者。1972年ミュンヘンオリンピックの銀メダリストである。ユタ州トレモントン出身。

ジェイ・シルベスター Portal:陸上競技
Jay Silvester.jpg
選手情報
フルネーム ジェイ・シルベスター
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 円盤投
生年月日 (1937-08-27) 1937年8月27日(83歳)
生誕地 ユタ州トレモントン
身長 189cm
体重 120kg
自己ベスト 円盤投 : 70m38 (1971年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子円盤投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

シルベスターは1960年代から1970年代にかけて活躍した選手で、同年代のライバルでオリンピック4連覇を果たしたアル・オーターの影に隠れてしまっているが、オーター回と同じ4回の世界新記録を出しており、もっと注目されてもよい選手である。

シルベスターは、1960年ローマオリンピックの派遣選手を決める代表選考試合で、ライバルのリンク・バブカやオーターらに敗れ4位となり、惜しくも出場を逃している。しかし、翌年の1961年8月11日、西ドイツフランクフルトにおいて、60m56の投てきで、自身初の世界新記録とともに、史上初の公認の60mスローを達成した。(オーターとバブカはすでに61mを投げていたが公認されていない。)そのわずか9日後、ベルギーブリュッセルにおいて、60m72と自身の世界記録を更新している。その後も9月に64m06という驚異的な記録を出したものの、公認されることはなく、1962年にロンドンで60m85を出したときには、すでにオーターが61m10の世界記録を出していた後だった。

1964年東京オリンピック出場を決める選考会では、シルベスターはオーターを下し1位でオリンピック初出場を決めた。オリンピックでは、シルベスターは5投目に59m09を投げこの時点で3位に浮上した。一方オーターは4位に転落した。しかし、オーターが直後に61m00とトップに立つ投てきで逆転。シルベスターは逆に4位に転落。そのままシルベスターの最終投てきもファールとなり、初めてのオリンピックで4位と惜しくもメダルに届かなかった。

1968年メキシコシティーオリンピックが開催される年のシルベスターは好調であった。5月25日に66m54の記録を出し、チェコスロバキアルドビク・ダネクが持っていた世界記録を7年ぶりに奪還。オリンピック直前の9月18日にはネバダ州リノで、68m07、68m40と連続世界新記録を達成した。オリンピックではオーターの前人未到の4連覇の偉業がかかっていたが、この年のオーターとの直接対決はシルベスターが7戦して6勝しており、オリンピックでもシルベスターのほうが下馬評が高かった。

さて本番では、予選からシルベスターは63m34のオリンピック新記録を樹立。好調を維持していた。ところが、決勝ではフォームを崩してしまい。61m78しか投げられず5位と惨敗してしまった。一方で、オーターは決勝で64m78と、シルベスターが予選で出したオリンピック記録を破り4連覇の大偉業を達成した。

オーター引退後の1972年、3回目のオリンピックとなったミュンヘンオリンピックでは、63m50の投てきで5投目までトップに位置していた。しかし、最終投てきで、ダネクが64m40の投てきでシルベスターを逆転。シルベスターは金メダルを逃してしまったものの銀メダルを獲得。はじめての表彰台に立った。

1976年、シルベスターは最後のオリンピックとなったモントリオールオリンピックに4大会連続出場を果たす。アメリカ選手ではマック・ウィルキンズジョン・パウエルといった新しい勢力が台頭する中、8位に終わり、現役を引退した。

シルベスターはその後、ユタ州のブリガムヤング大学の教授となった。

主な実績編集

大会 場所 種目 結果 記録
1964 オリンピック 東京(日本) 円盤投 4位 59.09m
1968 オリンピック メキシコシティ(メキシコ) 円盤投 5位 61.78m
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 円盤投 2位 63.50m
1975 パンアメリカンゲームズ メキシコシティ(メキシコ) 円盤投 3位 59.82m
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 円盤投 8位 61.98m

外部リンク編集