ジェクテルデミット・グラグチャ

ジェクテルデミット・グラグチャ(Jügderdemidiin Gürragchaa, モンゴル語: Жүгдэрдэмидийн Гүррагчаа; 1947年12月5日 - )は、モンゴル人初の宇宙飛行士で、アジア人としても2番目の宇宙飛行士である。2000年から2004年の間はモンゴル国国防大臣を務めた。

ジェクテルデミット・グラグチャ
Jügderdemidiin Gürragchaa
Jügderdemidiin Gürragchaa.jpeg
生年月日 (1947-12-05) 1947年12月5日(74歳)
出生地 モンゴル人民共和国の旗 モンゴル ボルガン県グルワンブラグ
所属政党 モンゴル人民党
称号 Mongolian Army-GEN-parade.svg 空軍少佐
ソ連邦英雄
レーニン勲章
モンゴル人民共和国英雄
Soyuz39 patch.png ソユーズ39号乗船記章

モンゴル国の旗 国防大臣
在任期間 2000年8月 - 2004年8月20日
大統領 ナツァギーン・バガバンディ
首相 ナンバリーン・エンフバヤル

在任期間 2004年 - 2008年
テンプレートを表示

モンゴルのグルワンブラグ(Gurvanbulag)で生まれた。ウランバートルで学び、航空宇宙技術者となった。空軍に入り少将に昇格した。1978年3月1日、ソビエトのインターコスモス計画の宇宙飛行士に選ばれ、1981年3月22日、ソビエト人宇宙飛行士ウラジーミル・ジャニベコフとともに、ソユーズ39号バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。サリュート6号に乗り込み地球科学に関する実験を行った。7日と20時間42分の間、地球を124周回した後、ジェズカズガンの南東170kmに着陸した。

1981年にソ連邦英雄の称号を得た。ウランバートルの南にあるザイサン記念碑には、グラグチャの飛行をたたえた壁画が掲げられた。

モンゴルの防空軍の首席を務めた後、国防相となった。

外部リンク編集