ジェマイマ・ヨーク (第2代グレイ女侯爵)

第2代グレイ女侯爵およびハードウィック伯爵夫人ジェマイマ・ヨーク英語: Jemima Yorke, 2nd Marchioness Grey and Countess of Hardwicke1722年10月10日1797年1月10日)は、グレートブリテン王国の貴族。

アラン・ラムゼーによる肖像画、1741年。

生涯編集

第3代ブレーダルベイン=ホランド伯爵ジョン・キャンベル英語版と1人目の妻アマベル・グレイ(Amabel Grey)の娘として[1]、1722年10月10日にコペンハーゲンで生まれた[2]

1740年5月22日、フィリップ・ヨーク(1720年 – 1790年、後の第2代ハードウィック伯爵)と結婚[1]、2女を儲けた。

1740年6月5日に母方の祖父初代ケント公爵ヘンリー・グレイが死去すると、特別残余権によりグレイ女侯爵ルーカス女男爵の爵位を継承した[1]

1797年1月10日にセント・ジェームズ・スクエア英語版死去、男子を儲けなかったためグレイ女侯爵の爵位は断絶したが、ルーカス女男爵は長女アマベルが継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1892). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (G to K) (英語). 4 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 94.
  2. ^ Collett-White, James. "Yorke [née Campbell], Jemima, suo jure Marchioness Grey". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/68351 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
グレートブリテンの爵位
先代:
ヘンリー・グレイ
グレイ女侯爵
1740年 – 1797年
断絶
ルーカス女男爵
1740年 – 1797年
次代:
アマベル・ヒューム=キャンベル