ヘンリー・グレイ (初代ケント公爵)

初代ケント公爵ヘンリー・グレイ英語: Henry Grey, 1st Duke of Kent KG PC1671年9月23日(洗礼日)[1][2]1740年6月5日)は、イギリスの政治家、廷臣英語版

閣下英語版
初代ケント公爵
KG PC
Henry Grey, 1st Duke of Kent, by Charles Jervas.jpg
チャールズ・ジャーヴァス英語版による肖像画、1710年代
宮内長官英語版
任期
1704年 – 1710年
前任者 ジャージー伯爵
後任者 シュルーズベリー公爵
王室家政長官英語版
任期
1716年 – 1718年
前任者 デヴォンシャー公爵
後任者 アーガイル公爵
王璽尚書
任期
1719年 – 1720年
前任者 キングストン=アポン=ハル公爵
後任者 キングストン=アポン=ハル公爵
初代ケント公爵ヘンリー・グレイの紋章

生涯編集

 
ゴドフリー・ネラーによる肖像画、1705年。

第11代ケント伯爵アンソニー・グレイメアリー・グレイの息子として1671年9月17日にレスト英語版[3]で生まれ、1702年8月に父からケント伯爵の爵位を、1702年11月1日に母からルーカス男爵の爵位を継承した[1]。1705年、法学博士英語版(LL.D.)の学位を得た[2]

爵位継承により貴族院入りを果たしたケント伯爵は才能も野心もないとされたものの[4]、1704年に宮内長官英語版に任命され(1710年まで在任)、同年4月27日に枢密顧問官に任命された[1]。ケント伯爵は人気がなく、体臭で「バグ」(虫)という不名誉なあだ名をつけられた[5]。1706年11月14日にケント侯爵、ハロルド伯爵、ヘレフォード州ゴドリッチ城のゴドリッチ子爵に叙され[6]、1710年4月28日にケント公爵に叙された[1]。同年に宮内長官を辞任、シュルーズベリー公爵が後任となった。一方で同時代の論客ジョン・マッキー英語版ジョナサン・スウィフトはケントを弁護した[4]

1710年以降、多くの閑職を歴任することとなった。彼は1711年から1714年までベッドフォードシャー知事英語版を、1711年から1712年までバッキンガムシャー知事英語版を務め、アン女王の死去からジョージ1世のロンドン到着までの時期にあたる1714年8月1日から9月18日まで摂政の1人を務めた[1]。また、トーリー党政権期にもかかわらず(ケント公爵はホイッグ党に属した)、1712年10月26日にガーター勲章を授与されたが、同時に授与された6人のうち5人がトーリー党員でケント公爵だけがホイッグ党員だったため、ケント公爵がアン女王の寵愛を受けていることが見て取れたという[3]。ジョージ1世の治世ではベッドフォードシャー知事に再任されたほか[3]、1714年から1716年まで寝室侍従英語版を、1716年から1718年まで王室家政長官英語版を、1719年2月から1720年5月まで王璽尚書を、1719年5月から11月までのジョージ1世の不在中に摂政の1人を務め、1727年8月11日のジョージ2世戴冠式にも参加した[1]。このように、政治では活躍しなかったものの、宮廷では重要人物の1人だった[3]

1719年、王立音楽アカデミー社英語版に出資した[7]。また、1739年に創設された捨子養育院英語版の初代総裁の1人だった[8]

後継者となる息子に先立たれたため、1740年5月19日にグレイ侯爵(後継者となる息子がいない場合に孫娘ジェマイマが継承できるとの規定つき)に叙された[1]。1740年6月5日に死去、フリットン英語版で埋葬された[3]。グレイ侯爵とクラッドウェルのルーカス男爵はジェマイマが継承、それ以外の爵位は断絶した[1]

家族編集

 
ケント公爵の1人目の妻ジェマイマと娘ジェマイマ、1705年。

ケント公爵は第2代クルー男爵トマス・クルー英語版の娘ジェマイマ英語版(1728年7月2日没)と結婚した[9]。2人は少なくとも6人の子供をもうけた。

1729年3月24日、初代ポートランド伯爵ウィリアム・ベンティンクの娘ソフィア(1749年6月14日没)と再婚、1男1女をもうけた。

栄典編集

爵位編集

  • 初代ケント公爵(1st Duke of Kent)
    (1710年創設のグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代ケント侯爵(1st Marquess of Kent)
    (1706年創設のグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代グレイ侯爵(1st Marquess of Grey)
    (1740年創設のグレートブリテン貴族爵位)
  • 第12代ケント伯爵(12th Earl of Kent)
    (1465年創設のイングランド貴族爵位)
  • 初代ハロルド伯爵(1st Earl of Harold)
    (1706年創設のグレートブリテン貴族爵位)
  • 初代ヘレフォード州ゴドリッチ城のゴドリッチ子爵(1st Viscount Goderich)
    (1706年創設のグレートブリテン貴族爵位)
  • 第2代クラッドウェルのルーカス男爵(2nd Baron Lucas of Crudwell later)
    (1663年創設のイングランド貴族爵位)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Cokayne, G., ed (1929) (英語). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 177–178. https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.210885/page/n187. 
  2. ^ a b "Henry GREY, Earl of Kent (GRY705H)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ a b c d e The Duke of Kent” (英語). Bedfordshire Archives and Records Service. 2019年4月28日閲覧。
  4. ^ a b Philip Carter, ‘Grey, Henry, duke of Kent’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004
  5. ^ Paul J. DeGategno & R. Jay Stubblefield Critical companion to Jonathan Swift: a literary reference to his life and works (2006) p. 354.
  6. ^ http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/lucasc1663.htm#LUCASCRUD_1663_12 ,2019年10月24日閲覧
  7. ^ Milthous, Judith; Hume, Robert D (January 1986). "The Charter for the Royal Academy of Music". Music and Letters (英語). 67 (1): 51. doi:10.1093/ml/67.1.50.
  8. ^ (英語) A Copy of the Royal Charter Establishing an Hospital for the Maintenance and Education of Exposed and Deserted Young Children. p. 4. https://books.google.com/books?id=OX1bAAAAQAAJ&pg=PA4. 
  9. ^ John and J.B. Burke. A genealogical and heraldic history of the extinct and dormant baronetcies of England, Scott, Webster, and Geary, 1838. p. 3.

外部リンク編集

公職
先代:
ジャージー伯爵
宮内長官英語版
1704年 – 1710年
次代:
シュルーズベリー公爵
先代:
デヴォンシャー公爵
王室家政長官英語版
1716年 – 1718年
次代:
アーガイル公爵
先代:
キングストン=アポン=ハル公爵
王璽尚書
1719年 – 1720年
次代:
キングストン=アポン=ハル公爵
名誉職
先代:
シュルーズベリー公爵
ヘレフォードシャー知事英語版
1704年 – 1714年
次代:
コニングスビー男爵英語版
先代:
第2代ベッドフォード公爵
ベッドフォードシャー知事英語版
1711年 – 1740年
空位
次代の在位者
第4代ベッドフォード公爵
先代:
ボリングブルック伯爵
ベッドフォードシャー首席治安判事英語版
1711年 – 1740年
先代:
ブリッジウォーター伯爵
バッキンガムシャー知事英語版
1711年 – 1712年
次代:
ニューヘイヴン子爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ケント公爵
1710年 – 1740年
断絶
グレイ侯爵
1740年
次代:
ジェマイマ・ヨーク
イングランドの爵位
爵位創設 ケント侯爵
1706年 – 1740年
断絶
先代:
アンソニー・グレイ
ケント伯爵
1702年 – 1740年
先代:
メアリー・グレイ
クラッドウェルのルーカス男爵
繰上勅書により)

1702年 – 1718年
次代:
アンソニー・グレイ
先代:
アンソニー・グレイ
クラッドウェルのルーカス男爵
1723年 – 1740年
次代:
ジェマイマ・ヨーク