ジェレミー・ノスィーダ

ジェレミー・ノセダから転送)

ジェレミー・ノスィーダJeremy Noseda1963年9月17日 - )は、イギリスニューマーケットに自厩舎のシャルフリートステーブル構えている調教師である。妻の兄弟であるリチャード・ゲストレー・ゲストも調教師である。出生地はロンドンノセダと表記される場合もある。

来歴編集

13歳の頃で乗馬を始め、その後ケンブリッジ大学への進学を断念し、ジョン・ダンロップ厩舎で働いた。その6年後に、ジョン・ゴスデン厩舎の調教助手を5年間勤めた。なおその内3年間はカリフォルニア州で過ごした。

1993年シェイク・モハメドの勧誘を受け、ゴドルフィンへ関わるようになり、その2年間ではラムタラなどの調教に携わった。その後、フランスで厩舎開業を打診されるが、自分自身での厩舎経営にこだわりを持っていたため辞退した。

1996年、再び渡米し、カリフォルニア州で調教師となった。

1997年、イギリスに帰国し、ニューマーケットのシェルフリートステーブルを購入し厩舎を開業した。

1998年チェヴァリーパークステークスワンナベグランドが制し、管理馬がG1競走初勝利を挙げた。

2004年ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルウィルコが制し、管理馬がブリーダーズカップ初挑戦で初勝利を挙げた。

2008年ジャパンカップシックスティーズアイコンを出走させるために初来日した。

主な管理馬編集

G1競走優勝馬(管理時)

関連項目編集