メインメニューを開く

ジェローム・バルク

バルク(2013年)

ジェローム・バルク(Jérôme Valcke、1960年10月6日- )は、フランス国籍の国際サッカー連盟(FIFA)の事務局長である[1]

目次

経歴編集

バルクはフランスのTV局Canal+ジャーナリストとして雇われていた。1991年から1997年まで、バルクはスポーツ副部長の役職に付いた。1997年、Sport+スポーツ局の最高経営責任者(CEO)の地位を引き継ぎ、2002年まで務めた。2002年から2003年まで、バルクはスポーツ権利エージェンシーSportfive最高執行責任者(COO)として本部のジュネーヴで働いた。2003年の夏、バルクはチューリッヒの国際サッカー連盟(FIFA)に移り、マーケティングおよびTV部門長の地位に付いた。2007年6月27日のFIFAの理事会会合において、バルクはFIFA会長ゼップ・ブラッターによる提案で新たな事務局長に任命され、2007年6月11日に辞任したウルス・リンジの後任に選出された。2007年6月11日から27日まで臨時事務局長を務めたMarkus Kattnerは副事務局長に任命された。Kattnerは2003年から財政部門長としてFIFAに務めていた。バルクは1956年以来初めてのスイス生まれ以外のFIFA事務局長である。

第一言語であるフランス語に加えて、バルクは英語ドイツ語スペイン語を話す。

批判編集

FIFAが長年のパートナーとのマスターカードとの合意が存在するにもかかわらず、ライバル企業のVISAとのスポンサー合意の交渉を行ったことでマスターカードの第一優先交渉権を侵害したとして訴えられた裁判で、バルクはマーケティング部門長としてニューヨーク連邦地裁で2004年の夏に有罪とされた。これによって2006年12月にバルクはFIFA会長のブラッターによって解任されていたため、新たなFIFA事務局長にバルクが任命されたことは一部の専門家を驚かせた。この裁判のため、FIFAは6千万米ドルの罰金を科された。

2011年5月30日、FIFA理事会の一員であるジャック・ワーナー(当時倫理違反に関する捜査中で職務停止中)は、カタールが2022年FIFAワールドカップの開催権を「買った」ことを示唆するバルクからの電子メールを漏洩した。バルクはその後、収賄疑惑を否定する声明を出した。カタール当局もまたいかなる不正をも否定した[2]

脚注編集

外部リンク編集