ジェームズ・ステュアート (第8代マリ伯爵)

第8代マリ伯爵ジェームズ・ステュアート英語: James Stuart, 8th Earl of Moray KT1708年1767年7月5日)は、スコットランド貴族。1735年から1739年までドゥーン卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

第7代マリ伯爵フランシス・ステュアートとジーン・エルフィンストーン(Jean Elphinstone、1739年5月14日没、第4代バルメリノ卿ジョン・エルフィンストーンの娘)の長男として、1708年に生まれた[1]

1739年12月11日に父が死去すると、マリ伯爵の爵位を継承した[1]

1741年2月23日、シッスル勲章を授与された[2]。同年から1767年までスコットランド貴族代表議員を務めた[2]

フリーメイソンに加入し、1744年から1745年までスコットランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた。

1767年7月5日に死去、長男フランシスが爵位を継承した[1]

家族編集

1734年12月、グレース・ロックハート(Grace Lockhart、1738年11月17日没、ジョージ・ロックハートの娘)と結婚、1男1女を儲けた[1]

  • フランシス(1737年 – 1810年) - 第9代マリ伯爵、子供あり

1740年4月24日[2]、マーガレット・ウィームズ(Margaret Wemyss、1779年没、第4代ウィームズ伯爵デイヴィッド・ウィームズの娘)と再婚、2男を儲けた[1]

  • ジェームズ(1808年5月4日没) - 陸軍軍人、生涯未婚
  • デイヴィッド(1784年没) - エリザベス・ベッグ(Elizabeth Begg)と結婚して、数人の子供を儲けたが、全員生涯未婚のまま死去

脚注編集

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1422.
  2. ^ a b c Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 364.
フリーメイソン
先代:
ウィームズ伯爵
スコットランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1744年 – 1745年
次代:
バカン伯爵
スコットランドの爵位
先代:
フランシス・ステュアート
マリ伯爵
1739年 – 1767年
次代:
フランシス・ステュアート